音楽理論を学びたいと思った初心者向け!とりあえず最初に覚えたいコード理論3つ

皆さん、楽曲作ってますか?

私は少しずつ作っているものの、最近ちょっと停滞気味。

なので、夏の間に何曲か作ろうとたった今決心しました。

お互いにがんばりましょう!

で、今回の本題ですが、楽曲制作のために知っていると良い初歩のコード理論を書きたいと思います。

DTMのソフトは持っていて少し楽曲を作ったことはあるけど、いつもワンパターンなのでちょっと違った曲を作りたい、みたいな方にオススメです。

理論的には本当に超初級レベルと言っていいと思いますし、実際の鍵盤またはDAWのピアノロール画面があれば覚えやすいと思います。

1度は実際に弾いたり打ち込んだりしてみましょう。

あと、ここではより判りやすいようにすべて白鍵で考えます。

黒鍵を使う話はまたいずれ。

1)とりあえずの3コード

楽曲制作のために覚えるべきコード理論の最も初歩と言っていい知識です。

3コード(スリーコード)です。

いきなり結論を書きますと、キーがCメジャー(ハ長調)の時の「C、F、G」の3つのコードです。

3コード

3コード

この3つのコード、トラック上にとりあえず適当に並べて再生するだけでも、なんか曲になりそうな感じです。

Cubase Elements 8で言うと、コードパッドの初期状態ならちょうどC、F、Gがセットされてます。(GはG7となっていますが、それでも3コードです。)

Cubase Elements 8のコードパッド

Cubase Elements 8のコードパッド

なので、それを適当に弾くだけでもOKです。

これらの進行の組み合わせのうち、ある1方向だけは間違いとされる場合もあります。

が、まずはそれも気にせず適当にやっちゃいましょう。

自分が変だと思わないならそれでOKです。

2)3コードの代理コード

3コードを少し変化させるだけでコード進行のバリエーションがすごく増えます。

いわゆる代理コードです。

3コードに対して、以下のように代理コードを使うことができます。

C ⇒ Am
F ⇒ Dm
G ⇒ Em

この3つ、鍵盤(またはピアノロール)で考えるとやっぱり簡単です。

まずCコードになるように鍵盤を単純に押さえましょう。(またはピアノロールで音符を置きましょう。)

Cコードはド・ミ・ソですね。

この時、白鍵はドから1つ飛ばしで押さえています。

代理コード

代理コード

この状態から、一番上のソの音を離し、ラを押さえましょう。

音はラ・ド・ミになりました。これがAmです。

やはり白鍵が1つ飛ばしになってますね。

FとDm、GとEmも同じ関係ですので、やってみましょう。

3)まとめてダイアトニック・コード

上の2項で6つのコードが出てきました。

これらはすべてCメジャーというキーのダイアトニック・コードです。

ダイアトニックコード

ダイアトニックコード

Cメジャーの楽曲であれば、これらを使えばとりあえずなんとかなります。(たまにならない場合もありますが。)

正確には、この6つにシ・レ・ファのBm(b5)またはBdimと表記されるコードも含めて7つのコードになります。

が、とりあえずは上記6つのコードを覚えておきましょう。

とりあえず作ってみましょう

簡単でしたよね?

この記事タイトルの通り「コード理論3つ」なのですが、それを順に追っていくとより覚えやすくなります。

いきなりダイアトニック・コードの話をすると覚えられないという方が結構いらっしゃるのですが、スリーコード→代理コードと見ていくと、ダイアトニック・コードは覚えたも同然、ということです。

これらを覚えると、とりあえずの1曲は作れちゃいます。

覚えなくても作れると言えば作れるのですが、覚えた方がより応用が利くと思います。

より深く覚えるためにも、また覚えたかどうか確認するためにも、この知識を使って実際に楽曲を作ってみるといいですよ。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます