ノートパソコンとStudio One 3 Primeだけで手軽に遊んでみる!(4)〜PresenceのGaterというエフェクター

前回まででStudio One 3 Primeのプラグインシンセ「Presence」を追加して音色を選択、フィルターやエンベロープを変化させ、エフェクターでディレイを掛ける、ということをやってみました。

今回は、前回までの画面では隠れている別なエフェクターを使って面白い音にしてみようと思います。

エフェクターを切り替え

これまでの状態で見えていたエフェクターはModulation、Delay、Reverbの3つでした。

実はPresenceにはもう少し別なエフェクターも搭載されていることも実際に触っていて判りました。

エフェクター部分の左側に「FX2」という文字が見えています。

それをクリックします。

エフェクトを切り替える

エフェクトを切り替える

すると別なエフェクターが表示されました。

表示されるエフェクターが切り替わった状態

表示されるエフェクターが切り替わった状態

Gater、EQ、Distortion、Panの4つです。

EQとDistortionはお判りかと思うので説明は省略します。

Panは音を左右に振るエフェクトです。いわゆるトレモロパンというやつです。

面白い「Gater」というエフェクト

で、もう一つのGaterがとても面白かったので、結構長いこと遊んじゃいました。

どんなことが起こるかというと、これは最初に実際の音を聴いて頂きましょう。

まずGaterを掛ける前の音です。

Gaterを適当に掛けてみた時の音です。

どうでしょう。簡単に伴奏が作れちゃいそうなパターンになってますね。

ではどのように掛けたかを説明します。

まずGaterをオンにします。

Gaterをオンにする

Gaterをオンにする

そして、「Clear」となっている部分をクリックすると選択項目が表示されるので、その中から今回は「Triggerflanke」というのを選択してみました。

パターンを切り替える

パターンを切り替える

すると先ほどのようなパターンになりました。

適当に音色を選択してこのGaterを掛け、鍵盤(ここでは仮想MIDIキーボード)を弾くと、ただ押しているだけでも伴奏パターンになっちゃいます。

これは楽しい!!

もっとあります

いかがだったでしょうか?

とりあえずStudio One 3 Primeを使って遊ぶ企画はこれで一旦終了とします。

いろいろ遊んでいるうちに、音色を変化させ、簡単に伴奏のパターンを作れちゃいました。

今回のを直接楽曲制作に活かそうと思ったら結構簡単に出来そうな気はしています。

そして今回はPresenceのみを触りましたが、それだけではなくプラグインのエフェクトも使ってみたいなとも思いました。

もっともっと面白い機能がありそうかなと思っています。

それはまたいずれ!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます