初心者向け!DAWで音が出ない時に確認すること〜Cubase Elements 8編

以前にCubase LE5やSonar X2について音が出ない時のトラブルシューティング的な記事を書いたことがあります。

その記事が結構好評なので、改めて書きたいと思います。

ハードウェア的な話(そもそも接続してないとかオーディオインターフェースの音量が0になってるとか)はほとんど変わりません。

なので、ここではソフトウェア中心に書いていきますね。

今回はCubase Elements 8編です。

以下画像ではMacを使っていますが、Windowsも基本的には同じです。(多少違うかも。)

1)デバイス設定でドライバが選択されていない

まず最初はこれだと思います。ドライバの選択です。

まずデバイスメニューから「デバイス設定」をクリックします。

で、VSTオーディオシステム内に「ASIOドライバー」という項目があります。

ここが「ドライバーなし」だと音が出ません。

デバイス設定画面

デバイス設定画面

多くの場合、自分が使っているオーディオインターフェースの名称または「ASIO〜」みたいな感じで表示されていると思います。

それを選択しましょう。

もし何も表示されない場合にはドライバがインストールされてない可能性があるので、インストールしましょう。

2)ドライバの表示がオフになっている

上記のVSTオーディオシステムでドライバを正しく選択すると、そのすぐ下に選択したドライバの設定画面が出るはずです。

この中で「表示」という項目がチェックされていないと、そのドライバは使えません。

ドライバの表示オンオフ

ドライバの表示オンオフ

これをチェックしましょう。

なお、オーディオインとオーディオアウト、そしてステレオのLとRが別に表示されているはずなので、使うものを全てオンにしましょう。

判らなければ、全部オンにしちゃっていいと思います。

3)VSTコネクションでオーディオポートが有効になっていない

デバイスメニューの中にVSTコネクションという画面がありますが、その中の「デバイスポート」というのが「未接続」になっていると音が出ません。

ここを音が出るように設定しましょう。

VSTコネクション画面

VSTコネクション画面

たくさん表示されてよく判らない場合には、全て選択してみて音が出るものにしましょう。

ただLR(左右)は間違わないように気をつけましょう。

4)VSTがオフになっている

ここからはドライバの設定で全部の音が出ない、という状況ではなく、全体的には音は出るけど目的の音が出ない、という時にチェックすることです。

VSTインストゥルメントにはオン/オフを切り替えられるボタンがあります。

これがオフになっているとそのシンセの音が出ないのでオンにしましょう。

VSTインストゥルメントのオンオフ

VSTインストゥルメントのオンオフ

5)チャンネルの出力先が設定されていない

各トラックには「チャンネル設定」という画面があります。

その画面上部のトラック出力先が「ターゲットなし」になっていると音が出ません。

トラックの出力先設定

トラックの出力先設定

ここを正しく選択しましょう。パソコンによりますが、「Stereo Out」などとなっている場合が多いかも。

設定されている状態

設定されている状態

ちなみにこの画面は、各トラックの「e」マークを押すと表示されます。

チャンネル設定を表示するボタン

チャンネル設定を表示するボタン

6)トラックがミュートされている

これに気付かないということはあまりないと思いますが・・・

トラックがミュートされていないかどうか確実に確認しましょう。

トラックのミュート

トラックのミュート

あと、別なトラックがソロになっているということもあるかもしれませんので要注意。

7)トラックが無効になっている

トラックの無効はミュートと同じく気付きやすいものですが、場合によっては気付かないかもしれません。

トラックの無効

トラックの無効

トラックが無効になっていると音が出ませんので、トラック上で右クリックして確認し、無効になっていたら有効にしましょう。

8)トラックのボリュームが0になっている

これは状態によって表示されないこともあるので要注意です。

トラックのボリュームが0になっていると当然ながら音が出ないので、確実に確認しましょう。

トラックのボリューム

トラックのボリューム

9)リージョンがミュートされている

Cubase Elemtents 8では、というかほとんどのDAWソフトウェアでもできますが、リージョン単体でミュートすることができます。

リージョンのミュート

リージョンのミュート

Cubase Elemtents 8の場合には、リージョンを選択して画面上部の「ミュート」となっているところをクリックすると切り替えられますので、それを解除しましょう。

リージョンのミュート切り替え

リージョンのミュート切り替え

さいごに

いかがでしょうか?

1〜3と5はドライバにも関係しますし、あまり目に入らないので気付きづらいと思います。

他のものは、楽曲制作中に「とりあえず切り替えて〜」と思ったらそのままにしちゃった、みたいなパターンがあるかもしれません。

他にも音が出ないというポイントはあるかもしれませんので、ご質問などあったらコメント下さい。

あと、最初にも書きましたが、ハードウェア的なことは書いていないので、それは以前の記事を参照してみてくださいね。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます