打ち込んだ音符をオーディオに変換する方法〜Sonar Platinum編

前回はCubase Elements 8のオーディオミックスダウンについて書きましたが、今回はそのSonar Platinum編です。

やってみれば全然難しくありません。

今後のためにも、まだやったことのない人は一度やってみてくださいね。

オーディオに変換するには

音符が既に打ち込まれたものとして話を始めます。

オーディオに変換したい場所を範囲選択します。

トラックビューで範囲選択

トラックビューで範囲選択

範囲選択できたら、ファイルメニューからエクスポート→オーディオをクリックします。

ファイル→エクスポート→オーディオ

ファイル→エクスポート→オーディオ

オーディオのエクスポート画面が表示されるので、適切に設定しましょう。

まずフォルダを選択しますが、ここではCドライブの「Cakewalk Content」フォルダ内にある「Audio Library」というフォルダに保存します。

そしてファイル名を判りやすく付けましょう。

あとはエクスポートを押せば出力されます。

オーディオのエクスポート画面

オーディオのエクスポート画面

ちなみに、オーディオのエクスポート画面下部の項目は、現時点ではそのままでいいと思います。使い慣れたら少しずつ試してみましょう。

では、変換したファイルを表示します。

画面右のブラウザ部分のMediaタブを表示して、コンボボックスを「Audio Library」にしましょう。

すると、先ほどのファイルが表示されると思います。

ちなみにここをあまり使っていない方は、ブラウザ部分のMediaタブを表示した時点でこの「Audio Library」になっていると思います。

変換したファイルを表示する

変換したファイルを表示する

そこまでできたら、あとはそのファイルをトラック上にドラッグアンドドロップするだけです。

トラック上にドラッグアンドドロップ

トラック上にドラッグアンドドロップ

音符をオーディオに変換できたので、あとはオーディオ系の処理(プロセスメニューから行う処理)をすることができます。

複数のトラックを同時に変換するには

複数のトラックの音符を一緒にオーディオにしたい場合もあります。

その場合も基本的には同じです。

出力したい場所を選択してオーディオのエクスポート画面からエクスポートをするだけです。

ただ判りづらいのは、離れたトラックを変換する方法かなと思いますので、それを説明します。

まずトラックビュー上部のルーラー部分で範囲選択します。

そして、PCキーボードのCtrlボタンを押しながら、変換したいトラックの左端にあるトラック番号をクリックしていきます。

うまくクリックできた時には、そのトラック番号部分が水色になります。

Ctrlを押しながらクリックで複数のトラックを選択

Ctrlを押しながらクリックで複数のトラックを選択

それができたら、前項と同じくオーディオのエクスポート画面からエクスポートしましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます