波形編集とEQのコツが判るかも!?な方法の詳細〜波形編集編

先日の記事の詳細編です。

目的をざっとおさらいすると、自分で壁などを叩いて録音した音を波形編集やEQを使ってバスドラムっぽくする、ということでした。

今回は波形編集のみを解説します。

この記事で使う波形は、前回紹介した以下の波形です。

イイ具合にノイズが含まれていますね(笑)

今回の話の前に1点のみ注意点を。

波形編集というのを行った場合、元の音声ファイルが変化します。

つまり元には戻せません。

なので、必ず元の音はコピーするなりして保存しておきましょう。

ここでは実験なので気にしなくて良い話ですが、実際に楽曲で使う音の場合、編集してしまうと元に戻したいと思ってもできなくなってしまうので、要注意です。

ではスタート。

音を出来るだけ大きくする「ノーマライズ」

まずですね、全体的な音量を整えましょう。

波形を選択して「ノーマライズ」(正規化)という機能を使います。

Cubaseのノーマライズ

Cubaseのノーマライズ

これで音割れしない程度に音量を最大化してくれます。

ノーマライズがかけられた状態

ノーマライズがかけられた状態

これで音が大きくなり、波形が編集しやすくなりました。

波形の前後を「サイレント」

前項でノーマライズをかけると、ノイズが大きくなります。

で、ここでは「サイレント」(無音化)という機能を使います。

これはその名の通り選択した場所をサイレント、つまり無音の状態にするということです。

波形の前後にサイレントを掛ける

波形の前後にサイレントを掛ける

録音した波形には最初から最後まで「サー」というようなノイズが入っていることが多いです。

このノイズ、専門的には「ヒスノイズ」と言いますが、録音にはツキモノです。

目的の音(今回の場合は、壁を叩いた音)以外の部分は、何も考えずこのサイレントを掛けることで、そのヒスノイズを消してしまいましょう。

波形の消えるところに「フェイドアウト」

ここまでの状態だと、サイレントをかけたところ、特に波形の後ろ側でノイズがプツッと途切れた感じになります。

いかにも編集したって感じになっちゃいますね。

これはこれで使える場面もありますが、今回はあまり良い感じがしないので、これを解決します。

それには「フェイドアウト」を使います。

まず、波形の消え際を選択します。

選択の場所ですが、左端は消え際の音が少し残っているところ、右端はサイレントをかけた場所に合わせます。

音の消え際を選択

音の消え際を選択

選択できたらフェイドアウトをかけましょう。

Cubaseのフェードアウト

Cubaseのフェードアウト

これで不自然な感じが少し軽減されたと思います。

次はEQ

いかがでしょうか?

ここではノーマライズとサイレント、フェイドアウトを使いました。

ざっとまとめると、全体の音量を整え、必要がない部分の音を完全に消し、不自然になった部分を整える、という手順です。

これで波形の前後のノイズが軽減されたと思いますが、必要な波形部分にはノイズがまだ混ざった状態です。

というわけで、次のEQでそのノイズをもう少し軽減します。

それと波形自体も当初の目的だったバスドラムの音に近づけるようにしてみましょう。

次回をお楽しみに!!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます