波形編集とEQのコツが判るかも!?な方法の詳細〜EQ編

前回は波形編集について解説しましたが、今回はEQを使ってバスドラムっぽい感じにする方法について解説します。

波形編集もそうですが、EQについても絶対的な正解というのはありません。

自分が良い音!!と思ったらそれが正解です。

使い慣れるまでは「これで良いのかな?」とかいろいろ悩んだりしますが、自分が良ければOKなので、あまり気にせずどんどん使っていきましょう。

あと、自分で録音したものを使ってみるのが、一番理解が深まります。

パソコンに付属のマイクで全く構わないので、出来るだけ自分で録音してみましょう。

では、解説スタートです。

ノイズを消す

波形編集でできるだけヒスノイズを消しましたが、それだけだと目的の音に混ざったノイズが消えていないですね。

というわけで、まずはそれを消したいと思います。

と言っても、波形に混ざってしまっているので、完全に消せるものではありません。

「出来るだけ目立たないように」というところを目標にしましょう。

最初に、ノイズのポイント(周波数帯)を探します。

EQのポイントのうち上から2番目のもののGAINを上げて、Qというパラメーターを大きくしてください。

EQのカーブが上に尖った状態になると思います。

EQを上に尖らせる

EQを上に尖らせる

それを左右に動かしましょう。

すると、音が変わっていきますね。

左右に動かして、ノイズが目立つポイントを探す

左右に動かして、ノイズが目立つポイントを探す

これでノイズが最も目立つ部分を探します。

ここかなと思ったら、Qを少し下げて尖っているものを少し丸くしましょう。

Qを少し下げる

Qを少し下げる

よりノイズが大きくなると思います。

これでノイズの周波数ポイントが探せたということにして、GAINをほどほどに下げてみましょう。

GAINを程々に下げる

GAINを程々に下げる

ノイズが小さくなっていますよね?

基本的にはこれでOKです。

ノイズを下げると元の音が変わりすぎる、という場合には周波数とQの設定を少しずつ調整します。

最初にも書きましたが、完全にノイズを消すというのはほとんどの場合は無理なので、ある程度消えたらOKということにしましょう。

低音感を調節する

次に、バスドラムらしく低音感を調節しましょう。

一番左のEQポイントを使います。

そのEQポイントを「Low Shelf」という状態にします。

Low Shelfにする

Low Shelfにする

この状態でGAINを上げ、周波数ポイントを左右に動かして、良い感じの低音感になるポイントを探します。

良い低音感になる場所を探す

良い低音感になる場所を探す

ここはあまり難しくないと思いますが、注意点としてはあまり周波数ポイントを右に移動しすぎないことでしょうか。

あとGAINも高くし過ぎると音割れしたりするので、多少低音感が足りなくても良しとしちゃいましょう。

その他の音域を調節する

最後にノイズと低音の周波数帯を除く、中音域または高音域を調節します。

これについては本当にいろいろなパターンがあるので、一番難しいかもしれません。

ポイントとしては、バスドラムのアタック成分(バスドラムの皮を叩く音)を良い感じに仕上げることを目標にします。

ここまで調節したノイズ部分と低音の間の中音域のどこかを少し上げると良くなることが多いかなと思います。

中音域を上げたり下げたり

中音域を上げたり下げたり

ただ、どこかの音域を下げた方が良い感じになることもあります。

いろいろと試してみましょう。

間違いを恐れずいろいろやってみましょう

いかがだったしょうか?

今回はEQについて説明しましたが、冒頭で書いたとおり絶対的な正解というのはありません。

今良いと思ったらそれが正解です。

後々聴いて「これはおかしい」と思うこともあるかもしれませんが、そう思うのは成長したという証です。

また、完全にバスドラムの音にするのはかなり難しいです。

ほどほどに良い感じ、というところまでやったらそれでOKです。

恐れずどんどん試してみましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます