この資料はDTMレッスンにも活かせるかも

日本ハムファイターズの『大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について』というページで、今回話題となっていた交渉に使われた資料が公開されていますね。

http://www.fighters.co.jp/news/detail/3251.html

私自身はあまり野球には興味はありません。サッカー派です。日ハムは地元だから、という理由で少し結果が気になる程度です。

ただ、この資料は面白いですね。少し疑問というか、データのまとめ方などについて直接説明を受けないと判り辛い部分はありましたが、野球に限らず仕事をするうえではとても参考になります。こんな資料を公開しちゃうなんで日ハムも太っ腹!

音楽的には、何に使えますかね? 自分の作曲能力をレーダーチャートで表して、自分が目指すアーティストのも作って比較して・・・あ~面倒(笑)

でも、私の場合は、生徒さんの能力をレーダーチャートに表して、「こんな感じだったよ~もっとこの辺を頑張りましょう」なんて言ったら、やるべきことが明確になってモチベーションも上がるかもしれないな~と思いました。今度やってみよう、と思ったところで、レーダーチャートは1年くらい前にやっていたのを思い出しちゃいました(笑) でもその時は上手く使えなかったので、パソコンの奥底にひっそりとしてましたが・・・また改めて使い方を検討してみようっと。

この辺の話は、自分で作曲してサイトに公開して、というような活動をしている方の音楽に直接的に活かせるわけではありませんが、仕事をしている方や学生さんなら何かに活かせそうですね。

野球に興味が無くても、是非一度目を通してみてください。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます