エフェクトのセンドとインサートの使い分け(3)

前々回、前回とエフェクトのセンドとインサートの概念や、ミックス、ドライ、ウェットなどについて、思ったことを書いてみました。

今回はその具体例です。

エフェクト毎にこういう時はこう使うことが多いよ~なんていう実例みたいなことを経験から書いてみようと思います。

ディストーションなどの歪み系

まずは歪み系の話。これはすごく簡単です。

ディストーションやオーバードライブ、ファズなど、歪み系にもいくつかの種類がありますが、どれにしてもほとんどの場合インサートで使います。

ギターアンプイメージ

エフェクトというのとは少し違いますが、エレキギターの場合アンプに接続して音を出します。その時には弾いたギターの音が電気信号になってケーブルを伝わり、アンプに入って音が増幅され、スピーカー(キャビネット)から音が出ますね。

元音(生音のことではなくラインの音)は、アンプで完全に音が変えられてしまって、最終的な出力には残っていません。(厳密には判りませんけど。)

この時、アンプで増幅して歪ませたのがディストーションやオーバードライブと言われる音ですね。元音が全く必要ありません。

シンセなどの場合、たまに元音も混ぜることはありますが、基本的にはインサートで良いと思います。

コンプレッサー、EQ

ミックスダウンの最重要エフェクトであるコンプレッサーとEQもほとんどの場合インサートで使います。

コンプレッサーの場合、全体的に音量を揃えたいとか、アタックを小さくしたいとか、そもそも元音自体を変えたいわけで、インサートで使うことが最適だと考えられます。EQも同様ですね。

ただ、頻度は低いですが、場合によってセンドに送って元音と混ぜることもあります。

コンプレッサーやEQを弱めに掛けたいという時、本来ならパラメーターの設定で弱めに掛けます。が、たまにどうやっても上手くいかない時があるんですよね(私が未熟なだけかもしれませんが・・・。)

そんな時に、センドに送ってコンプレッサーまたはEQを掛け、元音と混ぜることで効果を弱めにするという方法を使います。

更に言うと、パラメーターにMIX(またはDry/Wet)を含んでいる場合があります。その場合はインサートで上記のことが出来てしまいますね。

基本はインサートと覚えておけばいいと思います。

リバーブ

歪み系、コンプレッサー、EQとは異なり、多くの場合センドで使います。

センドで使うメリットとしては、1)複数のトラック(音)に同じ設定のリバーブを使える、2)CPU負荷の軽減、というところでしょうか。

各トラックに別々なリバーブを掛けたい場合もありますが、同じリバーブの設定で済んでしまう場合が結構多いと思います。(こだわり度によりますね。)

下手に多くのリバーブを使うよりも一つに統一した方が、特に最初は楽曲のまとまりが良くなる場合が多いです。あと、管理、編集がしやすいので、楽曲の完成も早くなります。

というわけで、その場合にはセンドで使い、MIXは最大にしてリバーブ音だけが出る状態にしましょう。

ただ、音づくりの一環としてあるトラックだけにリバーブを使いたい場合もあります。その場合にはそのトラックにインサートして、MIXを程よく設定しましょう。経験上で言うと、最大値を100とすると10~40くらいの間にすることが多いです。

リバーブは基本はセンド、音づくりのためならインサートと覚えておきましょう。

ディレイ

ディレイはいろいろなパターンがあります。私の場合はセンドもインサートも両方ともよく使います。

まずセンドで使う場合は、ミックスダウンの際にリバーブと併用して響きを出す時です。リバーブとディレイを別なセンドで送ったり、ディレイ→リバーブと設定して、1つのセンドからディレイ音だけにリバーブを掛けたりなど、楽曲の雰囲気によっていろいろと使い分けます。

この場合は、MIXを最大にして元音は出さないようにします。Dry、Wetが別々なパラメーターの場合には、Dryを0にし、Wetを大きい値に設定します。このWetがある意味ではエフェクト自体のボリュームのようにもなりますね。

インサートで使う場合も多々あります。よくあるのは、ステレオ感を付加するディレイの使い方です。あと付点8分ディレイなんかもインサートですね。

こちらの場合は、ステレオ感を付加する場合は右chまたは左chだけにディレイを掛けて、MIXは最大にします。付点8分ディレイの場合にはMIXを10~40くらいに設定しましょう。

あと、ちょうど同じようなタイミングでsoundengine.jpさんの方でディレイについて書いていたので、そちらも参考にしてみると良いと思います。

コーラス、フランジャー、フェイザーなどのモジュレーション系

コーラスは判断が分かれるところだと思いますが、私の場合はコーラスを掛けたいと思うことが少ないこともあり、インサートで掛けることが多いです。

複数のトラックにまたがって掛ける場合はセンドの方がやりやすいと思います。シンセストリングスとシンセパッドとエレピ系の音など、コードを鳴らしている音をまとめてちょっと広げて、というような使い方が多いでしょうか。

フランジャー、フェイザーはたぶんほとんどの場合インサートですね。複数トラックに掛けたいと思うことはあまり無いので・・・無いですよね???

モジュレーション系は原理的には「別な音を付加するエフェクト」に当たるため、センドで使うと言いそうなところです。が、MIXが付いていないエフェクトはあまり無い(というか原理的に無いと効果が出せない)ですし、インサートで使うべきかなと思います。

さいごに

いかがだったでしょうか?

このサイト内の記事を改めてよく見たら、過去に何度か同じような記事を書いてるっぽいですね(笑)

私の記憶がどうにかしてるとかいう話は置いといて、それだけ重要で難易度も高めな話だということだと思います。

今回の記事は経験からの話なので、適切ではないこともあるかもしれません。

が、使い方は自由なので、思い通りの音さえ出せれば間違いということは無いと言えます。

結果が良ければ方法は何でも良いと思うので、間違っているかどうかは気にせず、思った通りどんどんやってみましょう!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます