ミックスで音を目立たなくする方法を5つほど

曲のアレンジでは、一番聴かせたい音とそれをサポートする音があると思います。

決して全部を聴かせようとしちゃ駄目ですよ。流れ的なメリハリ(Aメロ、Bメロ、サビなどでの抑揚)も必要ですし、楽器ごとのメリハリも必要ですね。

サポートする音は、聴かせたい音よりも目立っちゃいけないわけです。

というわけで、そのサポートする音(にするため)のミックス時の処理方法を5つほど紹介しますね。

1. EQ/LPFで高音域をカットする

イコライザーやローパスフィルターで高音域をカットします。その時の周波数は音により程よく設定します。

これをやるとこもった音になるので、高音域が強い音よりも若干目立たなくなります。

ただ、高音域をカットするということは、中低音域が相対的に強くなるということです。それによって、逆に存在感が増してしまう場合もあるので要注意。

2. コンプでアタックを潰す

人が音を聴いた時に、まず最初に認識するのはアタック成分です。音色が何であるかを判断するのも、このアタック成分がかなりの割合を占めるとも言われています。

そして、アタックが強い音というのはすごく目立ちます。基本的にアタックのみであるハイハット(クローズ)の音が聴こえないということはあまり無いですよね。(もちろん曲やハイハットの種類によってはありますが。)

そこで、コンプを使ってアタックだけを潰す(音量を下げる)ことで、音を目立たなくします。

設定が若干難しいかもしれませんが、アタック成分だけにコンプが強めにかかるようにします。具体的な設定法は・・・レッスンでも受けてください(笑)

3. リバーブをかける

音の鳴っている場所が近ければ近い程、音は目立ってきます。

そこで、リバーブを使うことにより音を後ろで響かせるわけです。

あまり強くかけると、全然違う場所で鳴っているような感じになってしまうので、程々にかけましょう。

4. コーラスをかける

コーラスをかけると左右に広がるため、定点での存在感(定位感と言い換えることも出来るでしょうか)は薄くなります。

強く掛けてしまうと音のうねりが出てきて、逆に目立ってくるので要注意。

5. 音量を下げる

ある意味これが一番重要だったりします。音量を下げれば当然に目立たなくなりますね。

当然すぎることではありますが、ミックスの基本ともされます。

技を覚えると忘れがち

覚えておきましょう。

まとめ

場合によって他の方法もあると思いますが、思いつくままに書いた結果として上記の5つになりました。

目立つ音というのは、1)高音域、2)アタック、3)定位感、4)音量の4つが強いということが言えるかも知れません。(私見ですが。)

これらを緩和するためにエフェクトを使ったりするわけですが、上記5つの方法は単体で使うというよりは、音色によって複数組み合わせて使うことが多いです。

あと、ここまで書いておいてアレですが、音源での音色作り時点で目立たない音を作る方が重要かもしれません。

というわけで、これらを頭に入れておいて、最初は失敗しても良いのでどんどん使ってみましょう。

何かご質問などあればコメントでお願いします。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます