メロディック・マイナー・スケールって?

先日ハーモニック・マイナー・スケールについて書きましたが、今回はもう一つのマイナー・スケールです。

タイトル通り『メロディック・マイナー・スケール』ってやつですね。

これも重要ですし、なんとなく難しい感じにも見えますが、判ってしまえばそれほど難しくないので、ざっと読んでみてくださいね。

メロディック・マイナー・スケールの音階

メロディック・マイナー・スケールは、ハーモニック・マイナー・スケールと比較して見ていきましょう。

以下が、キーがAmの場合のハーモニック・マイナーです。『ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ-#ソ-ラ』です。

キーがAmの時のハーモニック・マイナー・スケール

キーがAmの時のハーモニック・マイナー・スケール(クリックで拡大します)

次に、メロディック・マイナーは、ハーモニック・マイナーのファを#させます。

キーがAmの時のメロディック・マイナー・スケール

キーがAmの時のメロディック・マイナー・スケール(クリックで拡大します)

それほど難しくないですよね?

なぜこの音階?

では、このメロディック・マイナーはなぜ出来たのでしょうか?

ハーモニック・マイナーをよく見てみると、ファとソ#の間が1音半音階になっていますね。昔の音楽の偉い人は、この1音半音階を「不自然だな」と感じたようです。

そこで、ファも#させてみると『ミ-#ファ-#ソ-ラ』のところが、順に『1音・1音・半音』という音階になります。これで「スケールとしての不自然さが無くなったね~よかったよかった」ということだったそうな。

これはこれで良かったのですが、ここでもう一つ問題が発生しました。

下のラから上に向かって弾く時はこれでいいのですが、上から降りてくる場合を見てみると、最初の5音は『ラ-#ソ-#ファ-ミ-レ』という音階になります。これはAメジャースケールと同じなので調がよく判らない、という問題です。

これを解決するために、上から降りてくる、いわゆる下行形の場合にはナチュラル・マイナーで弾くということになったそうな。これで調が判るようになりましたね。

このようにメロディック・マイナーは出来上がったということでした。めでたしめでたし。

実際は

上記はハーモニック・マイナー・スケールからメロディック・マイナー・スケールを導き出しましたが、実際には昔の音楽の偉い人達がメロディーを作っていく中で考え出したことではないかと思います。

要するに後付けですね。(音楽理論全てが後付けと言ってもいいくらいですし・・・たぶん。)

そのようにメロディーを作っていく過程で生み出されたスケールなので、日本語では旋律的短音階と呼びます。

この音階を使いこなせれば、名称を覚える必要はないような気もします。が、この件について人と話す時には知っていないと恥をかくので、一応頭には入れておきましょう。

あと、ついでに。この記事を書く際に改めて書籍などをいろいろと調べましたが、『下行形』を『下降形』と書いているものもいくつか発見しました。

私は前者だと思っていましたが、後者でも意味的に間違いではないような気もします。

どちらが正しいのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

さいごに

メロディック・マイナーは難しいと思う方が多いのではないでしょうか?

恐らく上行形と下行形が存在しているからだと思います。この使い分けを説明すると、ざっくり言って「適当」です。

と、ふざけた表現に見えるかもしれませんが、作ったメロディーを聴いた時に高くなっていく印象を受けるようなメロディーだと上行形のメロディーと言えます。逆に低くなっていくメロディーだと下行形ということになります。

同じメロディーでも人によって上行形と下行形の判断が別れるかもしれません。それくらい適当です。

つまり自分が信じた方が正解と思っていいです。

もっと言うと、誰かの心に響けば音楽としては正解なので、上記のことは間違っていてもいいのかもしれませんね。

最後にちょっとカッコいい言い方をしましたが、ぜひ覚えておいて、思い出した時に使ってみましょう!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます