いかにやる気を引き出させるか

DTMレッスン内で「次回までにこれをやってきて」と宿題として出したものが、その次のレッスンで間に合っていない・・・というのはよくある話です。学校の宿題や仕事よりも強制力がずっと弱いので、誰でも後回しになってしまいがちです。怒って無理やりやらせるのも一つの手ではあるのですが、嫌々やることになってしまって長い目で見ればあまり良い結果を生まないのではないかと思います。

というわけで、怒るのではなく、生徒さんのモチベーション(要するにやる気ですね)をなんとか上げてあげようと常に考えています。それもなかなか難しいんですけどね。無いものを引き出させるというのはかなり難しいです。逆に、今あるやる気を失わさせず持続させるというのがかなり重要なんじゃないかとも考えています。

では何がやる気を失わせているのか?

その理由の一つに、よく判らないことがあるとどうしたら良いか迷ってしまってやる気を失う、ということがあるのではないかと思います。仕事でも勉強でも何にでも言えることですね。

そのよく判らないことを明確にして、時には紙にでも書いてみると、解決すべきことがはっきりするので、やる気を失わず、更に少しやる気を出すことが出来るのではないかと思ったりしています。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます