ライブは怖くないですよ~

この記事を見ている方で、ライブへの出演経験があるという方はいらっしゃるでしょうか?

昨日の生徒さんの一人が、10月に行われた某音楽教室主催の発表会に出演されました。というわけで、その感想を聞きつつ反省点をまとめる、というレッスンでした。私自身はその発表会には行けてないので、実際の演奏は後日DVDで見る予定。

本番では、その生徒さんはギターも演奏される方ということもあり、オリジナル楽曲の伴奏をDTMソフトで作ってボーカリストさんに歌ってもらいつつ、生徒さん自身はギターを演奏するという内容。LTE、ではなくてE○T方式ですね(笑)

感想を聞いた時の第一声はどうだっかというと・・・「ミスしました~!」

当然です。プロだってミスすることはあるし、発表会でミスするというのは当たり前の話です。ライブは「生もの」なので、やっぱりミスは付き物ですよね。

生徒さんはミスを悔やんでいました(悔やまないのも問題ですが)。ただ、そこから何を学んで、次はもっと良いものを人に見てもらう、という気持ちが大事なので、その点を踏まえての反省会。生徒さんは納得してくれたようでした。

自分がDTMで制作した音源を使ってライブをやるというのも、とても勉強になるし、何より慣れるととても楽しいです。DTM初心者の方も、可能ならいずれそういう機会をどんどん見つけてライブに出演することが出来れば、また新たな楽しみを発見できるんじゃないかなと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます