初心者向け!DAWで音が出ない時に確認すること~Cubase LE5編

以前に「初心者向け!DAWで音が出ない時に確認すること」という記事を書きましたが、その時はSonar X2を使用しました。

Cubase LE5の場合にはドライバ設定がもう少し複雑な印象ですので、それを解説してみようと思います。

過去の経験上、WindowsならCubaseの他のバージョンでもほぼ同様だと思いますが、もし異なる場合はなんとか応用してみてくださいね。Macの場合は・・・なんとか頑張ってみてください。

1 ケーブルの接続およびハードウェアの音量を確認する

前回は項目2つに分けましたが、今回は1つで。

ケーブル接続および音量については、やってしまいがちで気付きづらい部分でもあります。

ケーブルはしっかり挿しましょう。挿す場所の間違いも無いように。

ケーブルが完全に挿さっていない

ケーブルが完全に挿さっていない

ハードウェア的に音量が0になっていないかどうかも確認が必要です。スピーカー、ミキサー、オーディオインターフェースなど全てを確認しましょう。

オーディオインターフェースのボリュームが0になっている

オーディオインターフェースのボリュームが0になっている

あとこれも前回書きましたが、パソコンの電源を切る際、スピーカー、ミキサー、オーディオインターフェースなどの音量は必ず下げておく必要があります。気をつけましょう。

2 DAWソフトでオーディオインターフェースの選択、ドライバ設定をチェックする

ここが今回の本題です。

まずはドライバの選択をしましょう。「デバイス」メニューから「デバイス設定」をクリックします。

Cubase LE5のデバイス設定

Cubase LE5のデバイス設定

開いた画面の左側で「VSTオーディオシステム」をクリックし、「ASIOドライバー」で適切なものを選択します。

Cubase LE5のVSTオーディオシステム設定

Cubase LE5のVSTオーディオシステム設定

すると画面の左側に選択したドライバが表示されるのでそれをクリックし、画面右の「表示」というところを確認します。ここがチェックされていないとオーディオインターフェースは使えないので、必要なものを全てチェックしましょう。

使いたい入力および出力の「表示」を全てチェックする

使いたい入力および出力の「表示」を全てチェックする(クリックで拡大します)

ここまでで音が出ることが多いと思います。もし出ない場合には、次に「デバイス」メニューから「VSTコネクション」をクリックします。

Cubase LE5の「VSTコネクション」メニュー

Cubase LE5の「VSTコネクション」メニュー

それで開く画面内で、「デバイスポート」という列が未接続になっていると思いますので、それをクリックし必要なものを選択します。ここは下画像のように「Output1」などとなっている場合やオーディオインターフェース名が入っている場合があります。もしどれを選択したらいいか判らなければ、選択肢を全て試してみましょう。

「VSTコネクション」設定で、「デバイスポート」を設定する

「VSTコネクション」設定で、「デバイスポート」を設定する。(クリックで拡大します)

ここまででオーディオインターフェースの選択、ドライバ設定はできたことになります。

もしまだ音が出ない場合には次項目を参照してください。

3 プロジェクトのオーディオ形式(Hz、bitなど)がオーディオインターフェースに合っているかチェックする

オーディオインターフェースの機種によって、44.1kHzや96kHzなどというサンプリング周波数(またはサンプリングレート)や16bit、24bit、32bitなどというビット数などのオーディオ形式の対応状況が異なります。

で、制作しているプロジェクトもそれに合わせる必要があります。

まずは自分が使っているオーディオインターフェースのオーディオ形式対応状況を確認します。多くの場合44.1kHz、16bitには対応していると思いますので、とりあえずそれを候補にしてもいいと思います。

確認したら、Cubase LE5の「プロジェクト」メニューから「プロジェクト設定」をクリックします。

「プロジェクトメニュー」から「プロジェクト設定」をクリックする

「プロジェクトメニュー」から「プロジェクト設定」をクリックする

開いた画面の中央より下部分に「サンプリングレート」と「ビット数」というのがあるので、適切なものを選択します。選択したらOKを押しましょう。

適切なサンプリングレートとビット数を選択する

適切なサンプリングレートとビット数を選択する

音は出ましたでしょうか?

まだ出ないとすれば・・・最終手段です。

4 パソコンを再起動する

やっぱり最後は再起動ですね。

最後はWindows再起動

最後はWindows再起動

オーディオ関連はOS的にも複雑なようです。再起動してメモリなどをクリーンにするのが有効な場合が結構あるので、困った場合には試してみましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます