大人のための音感トレーニング本 音楽理論で「才能」の壁を越える! CD付

この書籍はすごく良いです。

他の楽器などの音楽経験が無くDTMをやっている方は耳で(または心で)よりも目で(または頭で)音楽を作るようになりがちです。もちろんそれも必要ですが、音階などを聞き取る能力が楽器を演奏する方に比べて当然ながら弱い分、頭で考える必要が出て来てしまい、そればっかりになる方が多いように思います。

この書籍はそんな方のために、音感を鍛えるトレーニング法や考え方を掲載しています。

ある程度の音楽理論を覚え、その音楽理論を使って最初は頭で音階などを理解していきます。それを続けていくことにより、徐々に考えて理解しなければならなかった音階が頭を使わなくても判るようになってきます。ただ経験的には、音感のトレーニングは継続していないとすぐに忘れてしまうので要注意です。DTMでの楽曲制作と共に出来るだけ継続してトレーニングを行いましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます