意外と知らないかもしれない音楽知識~『アカペラ』という単語

たまにこういう話題を。

『アカペラ』って言葉はよく聞きますよね。日本語だと1単語で言ってしまいますけど、本当はイタリア語で2単語なんです。知ってました?

では、どこで切るか判りますか?

答えは・・・の前にいくつかの知識を。

『アカペラ』というのは、つまり無伴奏ということですね。歌以外の楽器無し。(音楽の様式によって意味は少し変わります。)

『アカペラ』『ハモリ』『ゴスペル』の辺りは混同しちゃってる方も結構いらっしゃるかもしれませんね。(いないか?)

もしよく判らないという方は、確認しておきましょう。

あと、余談ですが『Cappella』というヨーロッパの音楽ユニットがいます。曲はこんな感じ↓。

無伴奏ではなくがっつりダンスビートです(笑)

答え

はい、ではようやく答えを。

答えは『ア・カペラ』です。

『アカ・ペラ』だと思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 日本語風に考えるとそう思っちゃいますよね。

まあ私も知ったのは結構遅かったんですけど(笑)

『ア・カペラ』を更に知りたい方はWikipedia『ア・カペラ』ページをご覧ください。(すみません。)

というわけで、DTMともレッスンとも全く関係のない話ですが、たまにこういう知識も頭に入れておきましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます