楽曲制作に役立つ記事を少しまとめてみました

以前DTMを始めるのに役立つ記事を目次的にまとめてみましたが、今回はもう少し進んで、既にDTMのソフトウェア、ハードウェアなどは揃えてあるけど楽曲制作が進まず、曲の完成まで遠いな~という方に向けての記事をまとめてみました。

記事は基本的に思い付きで書いているので、内容的に抜けてたりとか順番が適当だったりしますね。今後そういった部分を補う形で書いていけたらななんて考えてます。

では以下からどうぞ。

DTMソフトウェアの使い方関連

DTMの道具の準備をしたら、次は使い方を覚えることですね。まずは基本だけ押さえて、使い始めましょう。

改めてまとめてみると、SonarとGarageBand(とiPhone関連)しかありませんでした。Cubase LEとかも需要ありますかね? ご意見ください。

簡単音楽理論

楽曲制作する際に、最近は音楽理論とか必要ありません。が、自由自在に、しかもクオリティを高く作りたいならやはり必要だと思います。

その第一歩になる記事をまとめてみました。

最初はやはり、ペンタトニック、スリーコードの2つを覚えると良いと思います。それの次はメジャースケール(とマイナースケール)、ダイアトニックコードでしょうか。

難しそうに見えて、順序良く覚えると結構簡単です。徐々に覚えていきましょう。

楽曲制作全般に役立つ記事

DTMをやるなら理論的なことも覚えたいですし、機材やソフトの設定なども重要ですね。それらも含め、全般的な感じでまとめてみました。

さいごに

過去の記事を見ていて、どれをここに記述すれば良いか判らなくなってきました(笑)が、いろいろ考えて選んでみました。

極めようと思うと覚えることは多い(何についてもそうですね)です。が、最初は最低限のことを覚えればそれなりに曲出来ちゃいます

あとはやる気の問題(笑)

かなりセンスの良い曲を作る人に対して「え、こんなことも知らないの!?」と思うことも多いです。音楽は知識の量ではないですよね。私もまだまだ覚えることはたくさんあると思っていますし、センスを磨く必要もあるなと常々感じています。

難しそうに見えて、簡単そうにも思えて、でもやっぱり奥が深いDTMですが、最近はパパパっとやっちゃうことも可能です。最低限の知識だけ覚えておきましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます