無償でダウンロードできる、レコードノイズを追加できるVSTプラグイン

Retro Samplingという海外サイトで、レコードノイズを簡単に追加できるVSTプラグインエフェクトがダウンロードできます。Windows専用です。

Retro Sampling

ダウンロードページは、左の「GRATIS」をクリックで表示されるページで、「Gratis VST Pluggar」をクリックしてください。で、「DREAMS」でページ内検索しましょう。

ページ中央部付近にVinyl Dreams VSTがあります

ページ中央部付近にVinyl Dreams VSTがあります

ダウンロードしたら、パソコンにインストールしましょう。Cubaseなどをお使いならProgram Files→SteinbergフォルダのVSTpluginsフォルダでしょうか。

SonarならProgram Files→Cakewalkフォルダ内のVstpluginsフォルダだと思います。

これらは環境によって異なるので、それに合わせてインストールしてください。

Sonarの方は要注意(他のソフトでもあり得ます)

インストールした後、DAW上で開くことが出来るはずですが、ここでSonarの方は要注意。エフェクトのリストの中にはいくら探しても「Vinyl Dreams VST」というような表記はありません。

「Container – SynthEdit」という表記になっています。私はこれで30分ほど悩みましたので、皆様ご注意ください。

Sonar上での表記

Sonar上での表記

これ、昔懐かしいSynthEditで作られたものなんですね。

ちなみにCubaseでは「Vinyl Dreams VST」と表記されていました。

使い方

使い方はすごく簡単です。

まず、トラックにこの「Vinyl Dreams VST」をインサートします。

そして、ON/OFFボタンをクリックするだけです。

トラックにアサインしてON/OFFをクリックするとレコードノイズが鳴ります

トラックにアサインしてON/OFFをクリックするとレコードノイズが鳴ります

右のDryはトラックの音、Wetはレコードノイズです。ここで音量を調整できます。

また左下のボタンはレコードノイズの雰囲気が変わります。

押されていない状態(おそらくVINYL DREAMS 1)だと強いプツプツノイズが鳴ります。

押された状態(おそらくVINYL DREAMS 2)だと、弱めのプツプツノイズに加えてサーという弱いノイズが鳴ります。

使い分けられるのは良いですね。

さいごに

このエフェクトはインストールさえしてしまえば、簡単にレコードノイズを加えることができるのでオススメです。

たまにこういった音を使うと、いつもと少し違う雰囲気を出せるので、ちょっと楽しくなりますね。

あと、Retro Samplingのサイトをご覧になった方はお判りかと思いますが、他にもフリーのVSTプラグインがたくさんダウンロードできます。

興味のある方は他にもダウンロードしてみるといいのではないでしょうか。

もし判らないことプラグインがあった場合、こちらのページ下部のコメントでご質問いただければ、判る範囲で解説しますよ!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます