無償でダウンロードできる、Win用の本格的なフィルターVSTプラグイン

先日、VSTの超簡単なフィルターをご紹介しましたが、同サイトから本格的なフィルターもダウンロードできます。

Samsara Cycle Audio「ASF-1」ダウンロードページ

ダウンロードサイトの画像を見て頂ければ判る通り、ツマミがたくさんついています。若干難しそうですが、判ってしまえばなんてことはないので、軽く解説しますね。

最も重要な2つのツマミ

このフィルターの最も重要な部分は、左上にある「FILTER」枠内の2つのツマミです。

FILTER部

FILTER部

まず「Cut Off」ですね。いわゆる「カットオフ周波数」で、この設定を境にフィルターが掛かります。

例えば、枠内右端にあるスイッチをLPつまりローパスにした場合、この「Cut Off」で設定した周波数よりも高い周波数成分は、カットされて聴こえなくなります。低音だけになるということです。

次に「Resonance」は、「Cut Off」の周波数付近を強調します。これは言葉だと判りづらいですね。よく「エグイ音」なんていう言い方をしますが、強くし過ぎるとハウリングのようにかなり耳障りな音になります。

DJさんは、よくこの2つのツマミを両手て持って、それぞれ反対方向にゆっくりと動かして、徐々に音を明るくしていったり逆にこもらせていったりします。

LFOはうねりを作る

次にその「FILTER」枠の右にある「LFO LEVEL」と、下の「LFO ONE」「LFO TWO」についてです。

LFO LEVEL部

LFO LEVEL部

LFO ONE/TWO部

LFO ONE/LFO TWO部 (クリックで拡大します)

LFOというのは、『Low Frequency Oscillator』のことで、低周波発生装置というと近いでしょうか。と言ってもなんのことだか判りづらいですね。

これは周期的なうねりを加えるものです。(と言ってもまだ判りづらいかも・・・)

これを使うと、手でツマミを動かさなくても「Cut Off」を周期的に動かすことができます。ビブラートみたいなものを掛けることが出来るということです。

使い方としては、先に下のLFO ONE/LFO TWO部でうねり方を設定します。そしてLFO LEVEL部でうねりの量を設定します。

慣れないと若干難しいので、少しずつ使ってみましょう。

MIX/OUTPUT

さいごに右上のMIXを使って、元の音とフィルター及びLFOをかけた音との混ぜ具合を調整します。右に回せばフィルター音が強くなります。

そしてOUTPUTで最終的な音量を設定します。

ついでに、その右にあるBYPASSは、このフィルターというエフェクターそのものをONにするかOFFにするかを設定します。フィルターの掛かり具合を確認するのに使いますね。

さいごに

このエフェクターは、シンセなどに使うととても効果的です。

シンセ自体にもフィルターが含まれている場合も多いですが、それを切ってこちらを使ってみると、また違った音になるので面白いです。

DTM初心者の方はそこまでは難しいかもしれません。が、シンセのプリセットを使って打ち込んだ音にこのフィルターを掛けて、再生しながらツマミを動かしてみると音に変化が生まれるので、一歩レベルが上がった気になれます(笑)

ドラムに掛けても面白いかもしれませんし、ベースに掛けるのも結構定番です。

いろいろとやってみましょう!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます