現在進行中の制作で困ったことの解決策をQ&A形式で書いてみました

WBCは準決勝での敗退。決勝まで行けなかったのは残念でしたね。

私は普段あまり野球を見ませんが、WBCは見られる時には見ていました。結構ドキドキしますよね。

過去2連覇していますし、負けたことで賛否両論(?)あるようですが、また次回(のWBCがあったら)優勝を期待しています。

それはさておき

現在私はYOSAKOIソーランで使われる楽曲を制作しています。昨年と同じチームです。

その制作においては、ここしばらくずっと生みの苦しみを存分に味わっています。

自分の楽曲だと思い通りに作れるので、少し迷いながらも比較的早く作ることができます。が、人から依頼された楽曲だと、やはりその相手の希望に沿った楽曲にしなければいけないわけで、いろいろと迷いながら少しずつ少しずつ進めていきます。

時には、何時間もかけた楽曲を「やっぱり駄目だ」と思って削除しちゃうことだってあります。

というわけで、現在の制作中に迷ったり困ったりした時に、どうやって解決しているかをQ&A形式で書いてみようかと思います。

Q.1 : どんな曲を作ったらいいか判らない場合には?

まず最初の段階ですが、楽曲の作り始めはどう進めればいいのか判らないこともありますね。

私も今回は一番最初が最も苦労しました。現在も苦労していますが・・・。

その時にやったのは、まず依頼者のイメージに近そうな楽曲を片っ端から聴きまくることです。これは当たり前ですね。

自分の楽曲なら、作りたいなと思う楽曲に近いイメージの楽曲を選ぶのが良いと思います。

次に、その中から何曲かをピックアップして、簡単でいいから耳コピーしてみることです。どちらかと言うとこれの方が重要かもしれません。

「耳コピーなんて難しくて出来ない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の出来る範囲で良いです。例えばドラムだけでも良いと思います。

参考になりそうな曲をただ聴くよりも、少しでもいいから耳コピーをした方が、自分の中に楽曲制作のボキャブラリーとして蓄積されますし、イメージも湧きやすいです。

Q.2 : 途中まで作ったけど、行き詰まってしまった時は?(1)

よくありますよね。どんどんと進められている時は良いですが、急に作業が進まなくなってしまったりすることがあります。

カッコいいフレーズが見つからないとか、イメージ通りの音色が見つからないとかですね。あと、イメージ自体を忘れてしまったりなんていうこともあります。

楽曲制作をしていれば当然にぶち当たることですね。現在の私の制作でもこれはすごく多いです。

そんな時には、やはりいろいろな楽曲を聴きまくります。ここで選ぶ楽曲はどんなものでも良いです。

作りたい楽曲と近いイメージのものなら、ヒントが見つかりやすいかもしれませんし、逆に全然離れたイメージやジャンルの楽曲だと、自分の中には無かったフレーズや音色が見つかるかもしれません。

ここで大事なのは、やはりコピーをしてみることです。まず一旦フレーズと音色をコピーをしたうえで、自分のフレーズに改造します。

パクリになってしまわないくらいに変えちゃいましょう。

Q.3 : 途中まで作ったけど、行き詰まってしまった時は?(2)

もう一つの方法も紹介します。

それは、まず作った楽曲を最初から最後まで通して聴いてみるということです。

そして、楽曲には手を加えずに修正点をまとめてみることです。これも重要です。

「この後どうやって作っていこうかな」と迷いながら聴いて、少し手を加えて、また聴いて、というのを繰り返すことって結構あると思います。

これで制作を進められるうちは良いんですが、迷い始めるとただ何度も聴くことを繰り返すだけというのをやってしまうことがあります。こうなるとドツボにハマっているようなものですね。

焦ってはいけません。一度通して聴いて、まずは修正点をまとめましょう。

ちなみに私の場合には、以下のような手順です。スマートフォン必須の方法ですが、お持ちでない方はポータブルプレーヤーとメモと鉛筆があれば大丈夫です。

  1. DAWソフトからWAVでエクスポート
  2. MP3やOGGなりに変換
  3. SoundCloudにアップロード
  4. 制作環境から離れて、散歩しつつ楽曲を聴く
  5. 修正点があったら、忘れないようにEvernoteに入力
  6. 修正点がまとまったら、制作環境に戻って修正作業

SoundCloudにアップロードする際にはPrivate設定にすることを忘れないでください。そうしないと、制作途中の楽曲を人に聴かれてしまうという、とても恥ずかしいことになってしまいます。

Q.4 : 出来た楽曲がカッコよくない気がするんだけどどうしたらいい?

困った問題です。せっかく作った楽曲がカッコよくない気がするんですから。

そんな時は、その楽曲を少し寝かせましょう。3日~1週間くらいでしょうか。

改めて聴いてみると「意外と悪くない」と思えることもあります。「こう直せば良いかも」となる時もあります。

「やっぱりカッコよくないし、でもどう直せばいいか全く検討つかない」という場合には・・・削除しちゃいましょう。もったいないと思う気持ちも判りますが、その曲は大抵良い曲にはなりません。思い切って捨てましょう。

もしどうしても削除するのがもったいないという場合には、楽曲のそれぞれのパートをループ素材としてオーディオに変換しちゃいましょう。そうすれば他の楽曲の素材として復活出来るかもしれませんし、また同じ楽曲としての再構築も可能かもしれません。

この方法は、時間がない時には使えませんが、時間があるならやってみる価値はあります。

ここで一つ注意点。

これを繰り返していると、制作途中の楽曲が多数出来てしまいます。それはそれで非効率なので、せいぜい5曲までにしておきましょう。

さいごに

本当はもう少し書きたかったのですが、長くなってしまったので今回はこれで終了しますね。

いかがでしたでしょうか? 参考にして頂けそうですか?

楽曲を作ること自体は、最近のDAWソフトウェアを使えばそんなに難しいことでは無いです。

ただ、制作がスタート出来ないとか、どうしても作業が進まなくなってしまうとか、なんかカッコよくないとか、そういったことは多々あります。

そんな時に上記の方法を使ってみて頂くと、解決出来ることがあるかもしれません。

また機会を見つけて他の方法も書いてみようと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます