簡単多重録音iPhoneアプリ『Multi Track Song Recorder』

新しいアプリというわけではないのでご存知の方も多いと思いますが、まだ知らない方のために、歌う人や楽器を演奏する人にはとても便利なiPhoneアプリをご紹介いたします。

Multi Track Song Recorder』です。

Multi Track Song Recorder起動画面

簡単に言うと4トラックマルチトラックレコーダーです。エフェクターなどは付いていない超シンプル設計。でも簡単に録音したいという人にはすごく便利です。

画面はこんな感じ。
Multi Track Song Recorder 停止状態

まずはトラックの操作

まずは『Multi Track Song Recorder』の基本操作、トラックの操作です。これは超簡単です。

左のRECORDボタンを押すとそのトラックに録音されます。そのトラックだけを再生したい場合には右のPLAYボタン、失敗したと思ったらそのすぐ右のゴミ箱ボタンです。その間にあるスライダーは音量。No LoopボタンLoopボタンはトラックの音声をループ再生するか1回だけ再生するかを選択します。超シンプルですね? 実際に触ると、こんな説明なくても使えちゃいます。

次に、全体を再生するには画面下の再生ボタン、その右が停止ボタン。で、再生中はこんな感じ。
Multi Track Song Recorder 音量表示

設定によって波形を表示させることも可能です。
Multi Track Song Recorder 波形表示

便利な機能

『Multi Track Song Recorder』には録音するのに便利な機能もいくつか付いています。

まずメトロノーム機能です。テンポはタップでも設定が可能。また4/4拍子か3/4拍子を選択できます。
Multi Track Song Recorderメトロノーム設定画面

次に、Option画面はこれ。
Multi Track Song Recorder Option画面
この画面は、通常画面下部の停止ボタンのすぐ右にあるフォルダマークが付いたボタンで開きます。

ここでは、録音データ(このアプリではSESSIONと呼びます)の保存や読み込み、Emailでの送信、現在のSESSIONの削除などが出来ます。音量表示と波形表示を切り替えたり、メトロノーム設定画面もここからです。

あと、上から3番目のボタンにImportと表示されていますが、iPhoneに保存された曲の読み込みが出来ます。

まとめ

何度も記述しているように、超簡単なことが売りのアプリですので、本格的なデモを作るというのは出来ません。

楽曲データを読み込むことが出来るので、自分の好きな楽曲を読み込ませれば、それと一緒に歌って録音が出来ちゃいます。効果的な練習ができそうですね。

すごく簡単に一人4重ハモリ練習とかも出来そうです。

最後に注意点を1点。このアプリを使うには、ヘッドフォン、イヤフォンが必須になります。そうしないと、トラック1に録音したのを再生しながらトラック2に録音するという時に、再生されたトラック1の音が、自分の歌・演奏と共にトラック2に一緒に入ってしまいます。音量を大きくするとハウリングを起こしちゃうかもしれません。

その点だけ注意して、ぜひ使ってみてくださいね!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます



コメント一覧

  1. Hideki Kishino  2015/05/04 17:47:10

    1人ギター かんたん かんたん 多重録音 音よしー

  2. 匿名  2016/09/28 17:27:29

    少しタイムラグが出来る気が😭