DTMを初めるのにMacをお勧めしたい理由

これからDTMを初めようという方がパソコンを購入するとなった時にすごく迷うポイントは、Windowsが良いのかそれともMacが良いのかということですよね。

Windows対Mac論争(笑)については、DTMの経験を積んだ人の間で常に巻き起こっています。それに、例えばMacを使っていてもWindowsに移行しちゃおうかな~とか、やっぱりMacの方が良いのかな~とか、やっぱり迷ったりします。

結局『買って使ってみなよ~』というのが一番のアドバイスだったりしますね(笑) ただ、そう言っては身も蓋もないので、ちょっと私の意見を。

Macはモチベーションが上がる

完全に個人的な意見ですが(笑)、Macを使って曲を作っていると、作曲が上手くなったような気分になって、モチベーションが上がります

というのはApple信者みたいな意見ですが、実際WindowsとMacを使い比べて、Macの方が戸惑うことが少ないように感じています。私自身は元々WindowsでDTMを初めて、Macも使ってみようと思って導入してみました。両方とも何年も使っていますが、Windowsの方が戸惑うことが多いです。インターネット上に情報も多いので、解決も比較的簡単に出来ますが。

あと、Winよりも安定している気もします。これも最近では「そんな気がする」程度ですけどね。

でも、総じて、Macの方が快適にDTMの作業が出来ています。

MacはDTMソフトがついてくる

Macを購入すると、写真を管理したりとか、ムービーを作ったりとか、標準でいろいろな機能(ソフト)が付いてきます。その中の一つに『GarageBand』というソフトがあります。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

『GarageBand』というのは、音楽理論の知識が無くてもとても簡単に楽曲制作ができるソフトです。ギターアンプシミュレーターを搭載していたり、オーディオループもたくさん含まれています。ピアノとギターのレッスンまで付いてきちゃったりもします。

Windowsだと別途DTMソフトを買うことが必要ですね。(フリーソフトを使うという手もありますが。)

Macはオーディオインターフェース要らず

実はこの意見が一番のメリットかもしれません。

Macを使っているとすごいなと思うのが、MacOS標準のオーディオドライバ『CoreAudio』の性能が良いということ。多くのオーディオインターフェースがCoreAudioに対応しているので、別途ドライバをインストールしなくてもDTMをするのに困らない場合が多いです。Windowsの場合には、DTMをするならASIOが必須と言っていいと思います。

初心者の方は、ここまでだったら『別にWindowsならASIOを使えばいいじゃん』と思うかもしれません。では何が良いのでしょうか?

それは、『パソコン本体に搭載されているヘッドフォン端子でもなんとかなる(打ち込みだけなら)』ということです。

Windowsの場合、パソコンのヘッドフォン端子だと、通常はASIOが使えないので、Windows標準のオーディオドライバを使うことになります。そうするとレイテンシーが大きくなり、打ち込みがすごくしづらいです。

Macを使っていれば、オーディオインターフェースは使わなくても、とりあえずヘッドフォン端子を使えばなんとかなります。

つまり、先ほどのGarageBandと合わせて、Macを1台買うだけでDTMが出来ちゃいます

もちろんデメリットも

当たり前ですが、デメリットもあります。以下にざざっと列挙しますね。

  1. 使っている人が少ないため、情報が少なめ
  2. 安くはない
  3. 良くも悪くも、自宅環境内のApple率が高まる
  4. 他のDTMソフトを買い足す時の選択肢が狭い

1番目は意外と重要です。使っている人が多ければ多い程、困った時に助かりやすいので。Macも最近は情報が多くなってますので、インターネットを検索すれば結構情報は出てきますが、やっぱりWindowsの方が解決はしやすいように感じます。

3番目は、デメリットの項なのに「良くも悪くも」って言っちゃってますね(笑) でも、本当に1度Macを導入すると、Apple製品が増えがちになります。

4番目について、DAWソフトの選択肢はCubase、Logic、ProTools、Digital Performerなどと、それなりにはあります。が、ちょっと別系統のソフト、例えばAcidとかVOCALOIDとかFL StudioとかはMacで使えません。(FL StudioのMac版は出るとか出ないとかいう話もありますね。)

まとめ

かなり長文になってしまいましたが、一つ言えるのは、MacでもWindowsでもどちらにもメリット、デメリットはあります。なので、どっちを買ったとしても満足できますし、不満は出てきます。

DTMに限らず、ソフトを購入する時によく言うのは、近くに使っている人がいるならそのソフトを買った方がいいかも、ということです。パソコンについても同じことが言えます。

というわけで、近くにMacで音楽をやっている人がいるならMacを買いましょう。WindowsでDTMをやっている人がいるならWindowsです。どっちもいないなら・・・思い切ってMacにしましょう(笑)

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます