超初心者向け!DTMを始めるのに必要な機材とか知識とか

DTMレッスンの生徒さんも含めて、DTMを始めたいな~なんていう方から、よく「何から始めたらいいんですか?」という質問を受けます。

どこからどう始めて良いか判らないというのは当たり前ですね。誰でもそういうところから始まります。

というわけで、機材も無いし知識もまだあまりないという方が、これからDTMを始めるのに必要なことを書いてみたいと思います。

機材を揃える1

当たり前です。無ければDTMは出来ません。何も無くても良いのは歌(アカペラ)くらいでしょうか。

必要な機材はまずパソコン。これがなければお話になりません。

そしてDTMソフトですね。これも必須です。CubaseとかSonarとかSinger Song Writerとか、Acidとか、FL Studioとか、Music Makerとかたくさんあります。VOCALOIDを使いたいという方も結構いらっしゃいますね。(ここまでWin向けの話。Macの話は・・・いずれ)

次に、オーディオインターフェースかなと思います。音楽やるなら必須と言っても良いと思います。これもいろいろありますが、導入しやすいところではALESIS IO2 EXPRESSとかRoland DUO-CAPTUREとかでしょうか。あとFocusrite Scarlett 2i2とかSteinberg UR22とかもいいかもしれません。

機材を揃える2

次はMIDIキーボードですね。弾けなくてもあった方が良いです。作業効率がすごくあがります。音楽理論の勉強も理解がしやすくなりますし、いろいろ捗ります。KORG nanoKey 2とかICON DIGITALのi-KEYなどですと、コンパクトで場所もとりませんし導入しやすいかもしれません。

ただ、ループ系ソフトで楽曲制作をしている場合、マウスだけでもなんとかなっちゃったりすることも結構あります。最近のDTMソフトの進化って凄いですね。なので、人によって必須とまでは言えないのかもしれません。

以上、重要度の高い順に書くと、パソコン、DTMソフト、オーディオインターフェース、MIDIキーボードとなると思います。この他に、音楽制作用のスピーカーやヘッドフォンも出来ればあった方が良いですね。

どれもたくさんの機種が発売されていて、選び放題なのが逆に困るところですけど・・・。

必要なものというとこんな感じになると思います。

思った以上に長くなっちゃいました。機材のことはまだまだ書きたいことはあるんですけど。

機材をセッティングする

道具を揃えたら、音楽の制作を始めるために機材をセッティングする必要がありますね。

パソコンにDTMソフトをインストールして、オーディオインターフェースのドライバをインストールして接続して、DTMソフトで設定して。MIDIキーボードも準備した方はそれも接続&設定して。あとスピーカーやヘッドフォンも接続する必要がありますね。

ここでレイテンシーなんていうDTM特有の問題が起こる可能性もあります。

あとドライバのWDM/KSとかASIOとか、その辺のDTM知識も必要ですね。

ソフトの最低限の使い方を覚える

セッティングとも関連しますが、DTMソフトやオーディオインターフェース、MIDIキーボードなど、機材の使い方も覚える必要がありますね。

DTMソフトなら楽曲を新規作成して、音符の打ち込み方を覚える必要があります。DTMソフトならほとんどの場合で表示出来る『ピアノロール』については、見慣れるというのも重要だったりします。

あとはエフェクトの使い方とか、ミキサーの操作方法とかでしょうか。

ここで重要なのは、まずは『最低限の使い方を確認する』ということではないかなと思います。最初は少しだけで良いんです。

まずは、新規作成⇒音符を打ち込む⇒再生して音をだす⇒保存する、という流れをスムーズに出来るように確認しておきましょう。

音楽の知識を覚える

この記事を書く前はここをメインにしたかったんですけど、ここまででかなり長くなってしまったので簡潔に。

音楽を作るには、自分が作りたい音楽のことを少し知っておく必要がありますね。例えば、ジャズならテンションのこととかウォーキングペースとか、ヒップホップならサンプリングを多用していることとか。テクノポップならシーケンスとかパッドとかっていう用語は必須ですね。

自由自在に楽曲を作るなら、ある程度の音楽理論も必要になりますね。最初はスリーコードとかダイアトニック・コードとか、ペンタトニックとかその辺だけでもいいと思います。

まとめ

少しDTMの経験のある方なら当然のことというか最初に経験したようなことを、これからDTMを始めようと思っている方のために書いてみました。

もっと簡単に書きたかったんですけど、思ったより長~くなっちゃいましたね。

音楽という多種多様なものなのでいろいろ書けちゃいましたが、実際にやってみるとDTMってもっと簡単なものだと思います。自分の必要な知識だけを追っていけば出来ちゃうので。

というわけで、ここまでにしたいと思います。

長い記事に最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます