1万円前後で買えるオーディオインターフェースまとめ

オーディオインターフェースにしては安価な1万円前後のものですが充分使えるオススメリストです。少しずつ更新していきます。

最終更新:2016年2月

Focusrite Scarlett Solo

Scarlettシリーズはかなりオススメです。その中でこのScarlett Soloは、名前の通り一人で作業するなら充分な性能を持ってると思います。

公式サイト
http://www.h-resolution.com/focusrite/scarlettsolo.php

おおよその販売価格 ¥13,500-(2016年2月)
発売時期 2014年8月
オーディオ入出力 アナログ2In/2Out
接続 USB2.0
サンプリングレート 最高24bit/96kHz
付属ソフト Ableton Live Lite、Scarlett Plug-In suite(コンプレッサー、EQ、リバーブなどのプラグインエフェクト)、Novation BassStation(VST/AU)、Loopmastersサンプルコレクション

STEINBERG UR12

入力端子はFocusrite Scarlett Soloと同様で、マイクプリとHi-Z端子のみです。Cubase AIが付属します。Cubaseを使いたいならオススメです。

公式サイト
http://japan.steinberg.net/jp/products/hardware/ur_series/lineup/ur12.html

おおよその販売価格 ¥10,800-(2016年2月)
発売時期 2014年12月
オーディオ入出力 アナログ2In/2Out
接続 USB2.0
サンプリングレート 最高24bit/192kHz
付属ソフト Cubase AI

M-AUDIO M-Track mk2

2つの入力端子はコンボジャックなので、マイクとギターを繋げたり、シンセをステレオ入力したりと、柔軟に出来そうです。

公式サイト
http://inmusicbrands.jp/m-audio/mtrack-mk2/

おおよその販売価格 ¥9,980-(2016年2月)
発売時期 2014年12月
オーディオ入出力 アナログ2In/2Out
接続 USB2.0
サンプリングレート 最高24bit/48kHz
付属ソフト Ableton Live Lite、Cubase LE、Wavesプラグイン(Audio Track、Eddie Kramer Effect Channel、TrueVerb)

BEHRINGER UMC22

入力端子はコンボジャックとフォーン端子です(フォーン端子はギターが接続できるかどうかは判りません。) Tracktion4のフルバージョンがダウンロードできるようです。

公式サイト
http://www.hotlinemusic.co.jp/products/umc22.html

おおよその販売価格 ¥9,698-(2016年2月)
発売時期 2013年11月
オーディオ入出力 アナログ2In/2Out
接続 USB2.0
サンプリングレート 最高24bit/48kHz
付属ソフト おそらくTracktion4のフルバージョン(海外サイトのレビューでそういう表記がありましたが保証はできません)