Mac or Windows? OSの選び方1

DTMを始めるにあたって、当然ながらパソコンは必須なわけですが、パソコンを用意するところから始める方にとっては、まずどようなものを買ったら良いかが判らないと思います。そこで、まず大事なOSの選び方を解説致します。

音楽用のパソコンとして使うのは、ほぼMacWindowsの2つに絞られると思います。他にもいろいろ(UNIX系のOSなど)なOSがありますが、有名なDAWソフトウェアは上記のどちらか(または両方)に対応しているものばかりです。

結論から言うと、Mac、Windowsのどちらでも良いです(笑)

そんなことでは全く解決しないので、まずそれぞれのOSの特徴を私見ですが、述べてみようと思います。

一昔前なら音楽やグラフィックを扱うのが得意と言われたのはMacでした。このジャンルにおいては、全く同じソフトでもWindows用のものより、 Mac用のものの方が質が良かったように思います。Macは、基本的にAppleからしか発売されていませんね。それだけに パソコンの安定性は非常に良いと思います。しかし、最近では少しずつ変化を見せているものの、価格は少し高いです。

逆にWindowsパソコンは様々なメーカーから販売されていたり、ハードウェアが個人でも自由に組めるので、値段や性能、機能などを自由に選ぶことが出来ます。ただ、場合によってはパソコン自体が安定しないこともあるので、注意が必要ですね。書籍やインターネット上などに情報が非常に多い、という側面もあるので、困った時に自分で解決出来る可能性も高いかもしれません。

このように、どちらにもメリット、デメリットがあります。そんなこんなで選ぶのが非常に難しいんですね。

正直どちらでも良いと思うんですが(笑)、ざっくり言うとおしゃれ感が高くて安定性が比較的良いのはMac、値段や機能が色々選べて、またOSのユーザーの多さから情報も多く、フリーソフトが多かったりもして拡張性も高いのはWindowsといった感じだと思います。(ちなみに筆者はMac派です。)

※この記事の2012年2月版はDMs内『(DTM導入編1)Windows? Mac?』をご覧下さい。