ソフトウェア紹介 – Singer Song Writer

このSinger Song Writerはイメージ的に初心者用と感じている方が多いのではないでしょうか。

使ってみると機能的には他のDAWソフトウェアに負けず劣らず、と思ってよいと思います。特にスコアエディタでの譜面へのマウス入力は他のソフトウェアよりもかなりし易いです。打ち込みたい楽曲の譜面を持っていて、それをそのまま入力したい、なんていう時にはこのソフトが最も早く打ち込めると思います。

また譜面にコードを入力すると、あとはジャンルを選んでいくだけでアレンジしてくれる機能やメロディまで作ってくれる機能、逆にメロディを入力するとそれに合うコードを入力してくれる機能、メロディを鼻歌を歌うだけで入力出来る機能など、初心者には大きな手助けになる機能がたくさん搭載されています。恐らく、そういった楽曲制作に便利な機能がたくさん付いているために初心者用のソフト、というイメージが強いのだと思います。

使い始めた頃には、いくつかの点で若干操作がしづらいと思うところもありますが、慣れれば全く問題無くなります。(どんなソフトでもそうかもしれませんが。) また、他のソフトウェアに比べて搭載されているプラグインが少し弱い気もします。

ですが、機能的には全く問題は無いので、初心者の方で譜面を使う可能性がある方にはかなりお勧めです。