DTMとは?

DTMというのが『Desk Top Music』(デスク・トップ・ミュージック)の頭文字を取ったものであるというのは、最近ではほとんどの方がご存知なのではないでしょうか。

では具体的にはどういったものかというと、要するに『パソコンを使って音楽すること』です。(というのも、周知の事実だと思います。)

この言葉の意味するところは、ソフトウェアやハードウェアの性能の向上などと共に変化していて、現在では非常に広い意味で使用されているようです。

元々はRolandのSCシリーズ(サウンドキャンバスシリーズ)やYAMAHAのMUシリーズなどのDTM音源と、Cakewalk(現在はSonarとして引き継がれてます)やYAMAHAのXG Worksなどのソフトシーケンサーなどを使用して音楽をすることでした。(いわゆるMIDIデータでの音楽制作)

しかし最近では、以前『打ち込み』と言われることが多かったハードウェア・シーケンサー(シンセ内蔵のものを含む)での音楽制作をDTMに含める方もいらっしゃいますし、オーディオデータまで扱うのは当然のこととなってます。

このサイトではパソコンやDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)を使用しての音楽制作のみではなく、ハードウェア・シンセサイザーなどに関しても触れていこうと考えております。