プラグインとは? VST、Audio Units、RTAS、DXなどについて

 最近のDAWソフトウェアのほとんどがプラグイン (Plug-in)に対応しているので、多くの方は『プラグイン』という言葉や、『VST』、『Audio Units』、『RTAS』などという言葉を目にしたことがあると思います。

 では、それらはいったいどういうものなのでしょうか?

 まず『プラグイン』について簡単に説明しますと、『ソフトウェアに新しい機能を追加するもの』です。

 つまり、DAWソフトウェアに限って言うと、新規にDAWソフトウェアを購入した場合、エフェクトやソフトウェア・シンセサイザーが多数使える状態にあると思います。しかし、「イメージ通りの音が出ない」という場合や、「必要なエフェクトが無い」という状況になることがあると思います。(というか、使っているといずれそうなります。)

 そのような時に、販売されているプラグインを新たに購入、またはインターネットで無料で配布されているプラグインをダウンロードし、パソコンにインストールすることにより、DAWソフトウェア上で新たな機能を使うことが出来るようになります。

 ここで注意しなければならないのは、DAWソフトウェアによって使えるプラグインと使えないプラグインがある、ということです。これはプラグインにいくつかの形式があることによります。それが『VST』だったり『Audio Units』だったり『RTAS』などです。これらの特徴を簡単に以下に説明します。

☆VST
 ⇒Mac、Windows両対応。Cubase、Sonar、Singer Song Writer、Ableton Liveなどが対応。

☆Audio Units
 ⇒Mac対応。Logic、Digital Performer、Ableton Liveなどが対応。

☆RTAS
 ⇒Mac、Windows両対応。ProToolsが対応。

☆DX
 ⇒Windows対応。Sonar、Singer Song Writerなどが対応。

 最初はDAWソフトウェアに付属のプラグインだけで問題は無いと思いますが、それだけでは足りなくなった場合には、上記のプラグイン形式を注意して購入して下さい。