フェイザー (Phaser)

たぶん80〜90年代の楽曲でよく聴ける、さわやかなうねりのあるギターやエレピなどの音がこのフェイザー(Phaser)というエフェクトの音です。

ギターのカッティングで使われるのをよく聴いたような気がします。エレピに薄くかかっているのもありましたね。元々はロータリー・スピーカーをシミュレートするために考えられた、と言われています。

いわゆるモジュレーション(揺らし)系のエフェクトになりますが、同じモジュレーション系のフランジャーと比較的似ています。原理的な違いはともかく、音の違いは、フェイザーの方がさわやかにかかり、フランジャーはエグい効果を出すことが出来る、という印象です。ただこれらはパラメーターの設定により、印象が結構変わるので、一概には言えません。

原理的には、フランジャーがディレイを応用したものであるのに対し、フェイザーは位相をずらし原音に混ぜることでうねりの効果を出しています。(位相の話は少し難しいので、ここでは割愛します。)

フェイザーに装備されているパラメーターは次のようなものになります。
○レート (Rate) またはスピード (Speed)
○デプス (Depth)

ちなみにギター用のエフェクトとして発売されているMXR Phase90はSpeedツマミしか無い、という非常に潔い、なのに非常に効果的なエフェクターです。

最近ではあまり使われることが無いかもしれませんが、たまにエレピにフェイザーを使ってみると、アクセントになって良いかも知れません。