トレモロ (Tremolo)

 このトレモロ(Tremolo)というエフェクターは非常にシンプルで、音量を周期的に変化させるエフェクターです。つまり音量が『大きい→小さい→大きい→小さい』を繰り返す、という判りやすい効果があります。

 使う楽器は限定的で、ドラム、ベースやボーカル、ストリングスやブラスなどに使うことはあまりありません。名機『Rhodesエレピ』に搭載されている機種もあったりして、エレピ系の音色に使うと効果的です。エレキギターに使っても、使いどころは限られますが、なかなか面白い効果が得られます。実際エレキギター用のコンパクトエフェクターでもトレモロが単体で発売されています。

 トレモロに見ることが多いパラメーターは以下のようなものになります。
○トレモロ・スピード(TREMOLO SPEED)またはトレモロ・レート(TREMOLO RATE)
○トレモロ・デプス(TREMOLO DEPTH)
○波形選択(WAVE)

 GarageBandに付属のトレモロだとオートパンというチェックボックスがあり、パンを周期的に揺らすことが出来ます。これは左右のチャンネルに対して交互にトレモロをかけるとオートパンの効果になるためです。

 コーラス以外のモジュレーション(揺らし)系エフェクトは飛び道具的に使うものが多く、このトレモロもあまり使用頻度は高くありませんが、バッキングのエレピまたはエレキギターに使うとちょっとしたアクセントになって良いのではないでしょうか。