ダイアトニック・コード (Diatonic Chord)

楽曲制作の最初はメロディ作りという場合が多いと思いますが、そのメロディに対して付けるコードをどうするかというのが楽曲制作における一つの壁になると思います。

その際の最初の目安となるのは3コード(CメジャーにおけるC、F、G)ですが、それだけでは自分のイメージ通りの楽曲に近づけるのは難しいと思います。

ここで考えるとよいのはダイアトニック・コード(Diatonic Chord)です。これは、キーがCメジャーの楽曲の場合においては、C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(b5)の7つのコードとなります。

思いついたメロディに上記の7つのコードのどれかを当てはめてみると、大抵の場合違和感無く聞こえるコードがあるはずです。無い場合はもう一歩先のことを考えなくてはなりませんが・・・。

とりあえずこのダイアトニック・コードは楽曲制作において必須の知識だと思うので、必ず覚えて下さいね!!

 

 

※DMs内にて、画像付きでもう少し判りやすく編集してみました。『(簡単理論編1)3和音のダイアトニック・コード』『(簡単理論編3)4和音のダイアトニック・コード』でご覧下さい。