EQ(イコライザー)を使うちょっとしたポイント

先日のレッスンで、声の編集(イコライジングなど)について解説しました。

声に限らず、イコライザーの使い方というのはなかなか難しいですよね。恐らく変化が微妙で判りづらいからだと思います。コンプレッサーも同じですね。

で、いろいろとイコライザーのテクニックはありますが、イコライザーを使うにあたっての大事な点の一つに「出来るだけ使わない」というのがあります。(ちょっと語弊があるかもしれませんんが・・・)

「イコライザー」を英語で書くと「Equalizer」となります。これは「Equal」にするもの、つまり同等にするものと捉えると近いですね。

何と何を同等にするかというと、楽器や自然音など生音の録音の場合には、その生音と録音され(て再生され)た音ということです。DTMでは、音源から出ている音と自分がイメージする音と考えると良いですね。

つまり音源から出ている音が自分のイメージ通りなら基本的にはイコライザーは使わない方が良いです。シンセのプリセットの音だとちょっと低音が強いかな~なんて思った時などに、「控えめに」かけると良い結果が出ることが多いと思います。

ちなみに、ここまでの話は単体の音作りについてのことで、ミックスダウンではまた少し違う考え方も必要な場合がありますが・・・それはまたいずれ。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます