iPhoneアプリ「AC-7 Core Mini」の使用感

というわけで、数日前の記事の続き。iPhoneアプリ「AC-7 Core Mini」の実際の使用感はどうなのか、という点です。

まず、予想はつくと思いますが、iPhoneだと画面が小さくて操作はしづらいです。このiPad版「AC-7 Core」というのもあるようなので、iPadをお持ちの方はそちらの方が良いと思います。

ボタンが小さくて押しづらいのはともかく、フェーダーやジョグダイヤルは充分な大きさがあるので、これは非常に良いと思いました。PC画面のトランスポートよりも非常に使いやすくなります。特にフェーダー画面でフェーダーが8本並んでるのは、作業効率を上げるのにすごく有効です。それだけでも価値はあるかもしれません。

まだ完全に機能を把握したわけではないですが、ここまでの印象として450円なら買いだと思います。これが10000円だと厳しいですが。(実機なら恐らく10万円程度する機能を持っていると思います。)

あと、DAWコントローラーがどんなものなのか試してみたいという方にはいいかもしれません。既にDAWコントローラーを持ってるけど、ツマミが足りないから増やしたいなんていう方にもいいかもしれませんね。あくまでサブコントローラーとしてですが。

これまでDAWコントローラーを使ったことが無くて「AC-7 Core Mini」を試してみたという方で、もしDAWコントローラーって使いづらいな~と思ったら、とりあえず楽器店などで実機で試してみた方が良いです。操作感が全然違って、実機の方が操作しやすいです。

なんだか支離滅裂な文章になった気がしますが、とりあえずこんな感じです。後日Sonarでも動かしてみようと思っています。

※ご質問などがある方はコメント欄に記述して頂ければ、可能な限り回答いたします。よろしくお願いします。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます