M-AUDIO 『Keystation Mini 32』


ついにといいますか、M-Audioも出してきましたね、ミニMIDIキーボード。『Keystation Mini 32』です。

他のミニキーボードの多くが25鍵であるのに対し、このKeystation Mini 32は名前の通り鍵盤が32鍵なので、打ち込みも少ししやすそうです。また、このサイズなのにノブも付いているので、DAWのコントロールも出来て便利そうです。

ベロシティカーブはドラムに最適化されたものも搭載されているようです。個人的にはミニキーボードの元祖(たぶん・・・)であるKORG『nanoKey(2じゃない方)』を使ってまして、それでドラムの打ち込みもしているんですが、当然ながら力加減が難しくて、強くなり過ぎることが多いんですよね。その辺も考慮されていそうです。

少し残念なのはDAWソフトウェアが付属していない事だと思います。代わりに楽譜作成・演奏ソフト『Sibelius First』が付属しているので、楽曲制作をしようと思えば出来ない事はなさそうですが・・・。とは言え、ミニMIDIキーボードでDAWソフトウェアが付属しているものは恐らく無いので、DAWソフトウェアを元々持っていて更にミニMIDIキーボードを導入しようという方にはオススメだと思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます



コメント一覧

  1. kenji  2012/02/07 16:46:39

    これ買いましたけど便利ですね。色んなところに持ち歩いて使えそうな大きさ・重さです。ちなみに、ピッチベントはボタンなので、なれないと使いにくそうです。小さいのでキーがペタペタなのはしょうがないですよね、、、これが無線で使えるようになるともっといいのだけど

  2. dtmmatrix
    admin  2012/02/08 10:05:14

    コメントありがとうございます。私はこれではなく、KORGのnanoKEYを使用していますが、小さくて持ち運べるのは便利ですよね。無線になったら・・・って思った事は何度もあります(笑)でもやっぱり難しいんですかね?精度が大事ですし。。。