Pro Tools 11は動作が快適になるようです

Pro ToolsでおなじみのAvidより、Pro Tools 11が発表されていますね。

Avid Japan Music Blog Pro Tools 11 紹介記事

オーディオエンジンが一新されたとか、64ビットに対応などと新機能がいくつか書かれていますが、要するに動作がすごく軽く快適になったようです

これはすごく重要ですよね。Pro Toolsに限らず、DTMのソフト全てに言えることですが、動作が速いことにより作業がスムーズにできるので、やる気を失いません(笑)

というのはまあ冗談としても、恐らくプラグインが多く使えたりトラック数も増やせたりするので、楽曲の自由度が高まりクオリティも上がりますね。ある意味Pro Toolsでクオリティが高いのは当然とも言えますが・・・。

私自身はPro Tools 7までしか使ったことはないので、現在のものがどの程度の性能なのかまだ判っていません。が、Pro Toolsに対してちょっと憧れはあります。機会があったら購入してみようと思っています.(その日がいつ来るかは・・・。)

発売は2013年第2四半期後半予定、価格は¥72,660だそうです。

楽器レコーディングを中心にしたい方にはオススメ!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます