最近気づいた、Reason8の覚えておくべき便利なキーボードショートカット

ここ最近ずっとReason8の基本的な部分を解説する記事を書いていました。

で、その最初の頃に便利だな~と思ったキーボードショートカットについても書きました。

今回は、ある意味その続き的なことです。

私がReason8を触っていて「これはどうしたらいいんだろう?」と疑問に思ったことがいくつかありました。

それを解決するキーボードショートカットにようやく気づくことが出来たので、それを書いてみたいと思います。

再生時シーケンサーの再生部分の表示方法を変えるには?

シーケンサーを表示させた状態で再生していて、再生場所(再生ヘッド?)が画面右端から更に移動した時の動作を切り替えたい時ありますよね?

再生場所が右端に移動していった時

再生場所が右端に移動していった時

その場に止めておく場合と再生場所に画面を移動したい場合があります。

再生したまま音符を編集したい場合は、その場に止めておきたいです。

画面は切り替わっていない

画面は切り替わっていない

再生しながら音符を眺めたい時は再生場所に従って画面が移動してくれた方がいいです。

画面が再生場所に切り替わっている

画面が再生場所に切り替わっている

その動作を切り替えるには、キーボードのFを使います。

これはオプションメニューの「再生場所を表示」です。

オプションメニューの「再生場所を表示」

オプションメニューの「再生場所を表示」

シーケンサーでクリップ表示とエディターモードを切り替える方法

Reason8のシーケンサーはクリップの表示をエディットモード、いわゆるピアノロールを同じ画面で切り替えます。

クリップ表示とエディットモードが同じ画面

クリップ表示とエディットモードが同じ画面

私これ結構困りました。切り替え方法がよく判らなかったんですよね。

で、ようやく気づいた切り替え方法はというと、Macの場合command+Eです。

オプションメニューの下の方の「エディットモードに切り替え」です。

オプションメニューの「エディットモードに切り替え」

オプションメニューの「エディットモードに切り替え」

Windowsの場合は・・・すみません。判りません。

が、多分Ctrl+Eじゃないかと。。。

ループ区間をクリップに合わせて簡単に設定するには?

Reason8のシーケンサーの小節数が書いてあるところを見るとLとRの文字がありますね?

これはループ区間を表します。

Reason8のループ区間

Reason8のループ区間

トランスポート部の矢印がクルッと回ってる記号を押すと、その区間でループ再生できます。

ループ再生ボタン

ループ再生ボタン

この区間設定ですね、Lをマウスドラッグで設定して、次にRを・・・とやるのって意外と手間です。

これを簡単にセットする方法があります。

クリップを選択して、command+Lを押してください。Windowsは多分Ctrl+Lかと。

一発で区間設定が可能

一発で区間設定が可能

これだけです。地味ですが、かなりイイです。

ちなみに複数のクリップを選択しておくと、選択されたクリップ全体を囲うように区間設定されます。

複数クリップでもOK

複数クリップでもOK

あと、キーボードのPを押すと区間設定したと同時に再生されます。

もちろん他にもあります

ここでは3つ紹介しましたが、便利なキーボードショートカットは他にもたくさんあります。

私自身気づいていないものが多いなと思ってます。

少しずつ覚えていくしかないので、曲を作りつつ、たまにメニューを開いて項目の右端を見てみましょう。

そこにキーボードショートカットが書いてあるので。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます



コメント一覧

  1. 河野家元/CORDNAME-TV (@LAWSONZ_JPN)  2017/01/09 20:31:56

    メインシーケンサーで、再生中や停止位置から、先頭に戻るショートカットキー等あれば教えて下さい。

  2. dtmmatrix
    dtmmatrix  2017/01/17 11:46:35

    コメントありがとうございます。先頭に戻るショートカットキーは、Shift+Returnです。
    もし他のショートカットも必要であればPropellerhead公式サイトの右上にある検索ボックスに「Reason 8 Key Commands」などと入力して検索すれば一覧のPDFが確認できますよ。
    https://www.propellerheads.se/
    (マニュアルへの直リンクは控えさせて頂きました。)