Reason8を試してみました(6) ~ ループを扱う2つの方法

前回はReason8で効率の良くシンセ音源を追加する方法を説明しました。

今回はループを扱う方法を説明します。

ACIDを代表とする、ループを扱うことが得意なものを「ループシーケンサー」と呼びます。

AppleのGarageBand、steinbergのSequel、あとインターネットのMIXTUREなどもこれに当たると思います。

Reason8は、そのようなループシーケンサーほどではないにしろ、比較的オーディオループを扱うのが得意かなと感じました。

オーディオを直接扱う方法

Reason8でループを扱う方法には、
1)オーディオを直接扱う方法
2)Reason8に搭載のループプレーヤーを使う方法
の2つがあります。(頑張れば他の方法でもできますが、私はこの2つが使いやすいかなと思いました。)

1のオーディオを扱う方法は簡単です。

ただただオーディオファイルをオーディオトラックに追加するだけです。

ただしこの時、プロジェクトをオーディオファイルのテンポに合わせておきましょう。

Reason8のシーケンサーにオーディオを追加

Reason8のシーケンサーにオーディオを追加

すると、簡単にシーケンサー上に貼り付きます。

オーディオが追加された状態

オーディオが追加された状態

そして、ループさせたい場合はそのファイルを選択し、コピーペーストします。

「オーディオを単純に繰り返して貼り付けてるだけじゃね?」と思った方いますか?

全くその通りです(笑)

が、Reason8はこの操作がとても簡単だなという印象です。

というのも、まずオーディオを選択してコピーした時点でシーケンサー上の縦線、「ロケーター」ってやつですが、それがオーディオの右端に自動的に移動します。

オーディオをコピーするとロケーターが動く

オーディオをコピーするとロケーターが動く

あとは必要な回数だけペーストするだけです。

オーディオをペーストする

オーディオをペーストする

この時もロケーターは自動的に動くので、簡単に何度もペーストを繰り返すことができます。

コピーまたはペーストするだけでロケーターが動くDAWソフトってあまり見ないですし、とてもよく考えられているなと思いました。

オーディオを直接扱う方法の注意点

オーディオを貼り付ける際に注意することが1つあります。

前項でも簡単に書きましたが、オーディオファイルを追加する前にプロジェクトのテンポをオーディオファイルのテンポに合わせておく、ということです。

そうしないと、オーディオファイルの長さがプロジェクトの小節と合わなくなります。

オーディオファイルとプロジェクトのテンポが合っていない

オーディオファイルとプロジェクトのテンポが合っていない

これだとコピーペーストも簡単にはできません。

あと、オーディオファイルを追加した後にプロジェクトのテンポを変更した時に、オーディオファイルの再生テンポがおかしくなることがあります。

おかしなテンポになる?

おかしなテンポになる?

これ、実は一度起こった後にもう一度試しても再現できませんでした。

が、間違いなくテンポを上げたのに異常に遅いテンポで再生されました。

何かちょっとしたバグだったのかもしれません。(再現できなかったので、たまたまその時PCの調子が悪かっただけかも・・・)

2つ目の方法は次回

オーディオファイルを貼り付けてループさせる方法を説明しました。

テンポの設定が少し要注意かなと思います。

次回は『Dr. Octo Rexループプレーヤー』を使う方法を解説します。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます