Roland 『JUNO-Gi』

Roland『JUNO-G』の後継機種『JUNO-Gi』です。

この『JUNO-Gi』はライブでもDTM・自宅レコーディングでもどちらでも使えるのが特徴ですね。

まずこの『JUNO-Gi』は重量が5.7kgです。これは持ち運び易いです、非常に。個人的に『JUNO-D』を所有しておりまして、『JUNO-D』は『JUNO-Gi』とほとんど変わらない5.0kgなんですが、外部のどこへでも持ち運びやすいですし、自宅内だけでも移動が楽なので、狭い場所でも非常に便利に使えます。

また『JUNO-Gi』は8トラックのMTR機能も搭載しているようです。歌やギターなどをレコーディングすることが可能なんですね。スタジオに入って練習を録音することも出来そうですし、もちろん楽曲制作にも使えます。

一つ問題なのはMIDIシーケンサーを搭載していないようです。『JUNO-G』には搭載されているのですが、『JUNO-Gi』は搭載しておりません。なので、MIDIでの打ち込みは『JUNO-Gi』単体では出来ません。

しかし、DAWソフトウェアである『Sonar LE』が付属しますので、自宅でのMIDIの打ち込みとオーディオレコーディングには『Sonar LE』を使い、スタジオでの歌やギター、ベースのレコーディングは『JUNO-Gi』で行う、ということが可能ですね。

価格が10万円以上するようなので、手軽に購入ということは出来ないかもしれませんが、自宅だけではなくライブなど多様に使いたい方や、最初から本気でDTMをしたい方などにお勧めです。

Roland Webサイト『JUNO-Gi』情報ページへ

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます