Roland 『OCTA-CAPTURE』

Rolandの高性能オーディオインターフェース『OCTA-CAPTURE』です。

仕様からみて以前の『UA-101』の後継にあたると思われますが、最高24bit/192kHzに対応。アナログ8In/8Outは全てフォーン/キャノンのコンボ端子で、デジタル2In/2Outはコアキシャル端子の、合計10In/10Out。USB2.0対応。

またRolandから発売されている『V-STUDIO700』や『V-STUDIO100』との拡張端子として使いやすく設計されているようで、既にV-STUDIOシリーズをご使用の方で、入出力に不満があった方も購入検討の余地がありそうです。

また、もちろんSonar LEも付属しているので、パソコンをお持ちなら、あとはこれだけ購入すればDTMを始められます。

仕様的に少し上級者用かとも思いますが、いずれハードウェアシンセを多数使ってみたいと思っているDTM初心者の方にお勧めです!!

Roland Webサイト『OCTA-CAPTURE』情報ページへ

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます