Sonarを使うなら覚えておきたい、作業効率を格段にアップさせるキーボードショートカット

sonar_keyboardshortcut

楽曲の制作って時間がかかりますよね?

少しでも作業時間を減らしたいものです。

そんな方のために、ほとんどのDAWソフトには(というかパソコンのソフトならほぼ全て)キーボードショートカットという機能が搭載されています。

普通ならマウスでメニューを開いて、特定のメニューをクリックして・・・というマウス操作を、キーボードのボタン1つまたは2つ(3つの場合もあり)を押すだけですぐに実行してしまう機能です。

これを覚えると格段に作業効率がアップします。

というわけで、Sonar X2(X1も)の便利なキーボードショートカットをご紹介いたします。

ここでは表示系について書きます。編集系についてはまた別途書くかもしれませんので、期待せずにお待ちください。。。

「D」

画面下部の「マルチドック」の表示、非表示を変更します。

Sonarのマルチドック

Sonarのマルチドック(クリックで拡大します)

マルチドック部右下に表示される、縦に2つ並んだ三角形をクリックするのと同じ効果です。

またShift+Dでマルチドックの標準状態と最大化状態を切り替えることができます。

マルチドックを最大化

マルチドックを最大化(クリックで拡大します)

「B」

画面右に表示される「ブラウザ」の表示、非表示を切り替えます。

Sonarのブラウザ

Sonarのブラウザ

ブラウザ部右上に表示される、2つ並んだ三角形をクリックするのと同じ効果です。

「I」

画面左に表示される「トラックインスペクタ」の表示、非表示を切り替えます。

Sonarのトラックインスペクタ

Sonarのトラックインスペクタ

トラックインスペクタ部左上に表示される、2つ並んだ三角形をクリックするのと同じ効果です。

「C」

画面上に表示される「コントロールバー」の表示、非表示を切り替えます。

Sonarのコントロールバー

Sonarのコントロールバー(クリックで拡大します)

ここまでの4つを覚えると、トラックビューやピアノロール、コンソールを、画面いっぱいに表示することが簡単に出来るようになるので、ノートパソコンなど小さめな画面をお使いの方にはかなりオススメです。

「SHIFT + F」

トラックビューでの編集中は、拡大率を上げてクリップを大きく表示していると思います。

SonarのトラックビューでSHIFT+Fを押す前

SonarのトラックビューでSHIFT+Fを押す前(クリックで拡大します)

「SHIFT+F」を押すことで、プロジェクト全体(すべてのクリップ)を表示する拡大率に自動的に変更します。

SonarのトラックビューでSHIFT+Fを押した後

SonarのトラックビューでSHIFT+Fを押した後(クリックで拡大します)

ちなみに「F」だけだと横の拡大率は変更せず縦のみを変更し、全てのトラックが表示されるまで縮小します。

さいごに

作業効率を格段にアップさせるショートカットは非常に多いので、少しずつ覚えておきましょう。

覚え方としては、例えばマルチドックの表示切替の「D」は「MUDLIDOCK」から、ブラウザの「B」は「Browser」から来ているので、その辺を少し考えてみるといいでしょう。

なお、キーボードショートカットは、環境設定→キーボードショートカットで変更できます。確認もできます。

環境設定内にこれが表示されていない場合は、環境設定ウインドウ下部の「詳細設定」ラジオボタンをクリックしましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます