TASCAM US-100


シンプルなUSBオーディオインターフェース『TASCAM US-100』です。

USB1.1対応なので、最高で16bit/48kHzの対応ですが、普通に楽曲制作をする分には充分な能力を持っています。よくこの値段でこの性能が出せているなという印象です。

ステレオIn/OutがRCA端子で、マイク入力端子、ギター専用入力端子も搭載されているので、例えばアコースティックギターを弾くシンガーソングライターの方が1人で音楽制作をするには最適ですね。(ギターと歌の同時録音は出来ませんが。) 前面にはInputツマミ、Outputツマミの他にBalanceツマミが付いていて、Input端子からの入力音とパソコンから出力音の音量バランスを簡単に変えられるので、レコーディングが更に効率良く出来そうです。

実際に使ってみると、音がクリアだな〜という印象を受けました。この値段なら、という以上に良い音質だと思います。あと、ドライバのインストールは必要が無く、USB接続するだけで使えたので、初心者の方でも簡単に導入することが出来ると思います。(Mac OSX 10.3マシンでテストしました。)

DAWソフトウェアがついていないので別途用意する必要がありますが、例えばGarageBandで楽曲制作をしているがオーディオインターフェースは使っていないという方は、このTASCAM US-100を導入してみるとそれまでよりもクリアな音質で楽曲制作が出来て、楽曲の質が上がります。


TASCAM Webサイト『US-100』情報ページへ

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます