WinのフリーVSTエフェクト『Sonic Enhancer』『Sonic Maximizer』を少し解説(2)

先ほどのELEMENTS VST plugins collectionのフリーVSTプラグインの記事では、Sonic Enhancerのみ解説しましたが、今度はSonic Maximizerです。

Sonic Maximizerの使い方

このSonic MaximizerはSonic Enhancerと同様に、とても簡単に使えます。

このエフェクトで出来ることは『音圧を上げる』ということ。

簡単に言いましたが、マキシマイザーを使わずにやろうと思うと、コンプを使ってEQを使って・・・と、かなり難しいです。それを少しの操作ですごく簡単に、しかも音割れや音質の変化が少なくなるようにやっちゃってくれます。超便利!

基本的な設定は、『Low Band』『Hi Band』という2つのスライダーで行います。

ドラムやベースなどでLow Bandを大きくしていくと良い感じに歪んでくれます。Sonic Enhancerでもほぼ同じことを言いましたが(笑)

Hi Bandは、Sonic Enhancerとは少し違いますね。Sonic Enhancerは基本的な音質は変えずに音ヌケをよくするという感じですが、このSonic Maximizerは高音域を歪まないように強くするという感じです。

『x2』って何でしょう?

あと気になる設定としてはプラグイン画面下部の『x2』というボタンでしょうか。

これ、聴いただけではよく判りません。というか音的にはほとんど変化はありません。

ZIPファイルを解凍すると出来るテキストファイルのヘルプによると、『internal oversampling』とのことです。

つまり、内部的に2倍のサンプリング周波数でエフェクト処理をしてくれます。なので、押した時の方が音が良くなるはずです。

今回は、シンセをがっつり使った音源で試してみたためなのか、あまり判りませんでしたが、生演奏したものをレコーディングしたアコースティックな音声に掛ける場合などですと、この効果が利いてくるのではないかなと思います。

まとめ

2つのフリーVSTプラグインについて解説(というかレビューですかね)してみました。

使ってみた印象としては、どちらもすごく簡単に、しかも良い効果を得られるということ。特にSonic Enhancerはすごく自然に音ヌケをよくしてくれるので、アンサンブルに埋もれてしまったけどもっと聴かせたい、という音に掛けるととても効果的だと思います。

注意点は、強く掛け過ぎないことでしょうか。エフェクトならなんでも言えることですけどね。程々に掛けるのが大事です。

今使っているDTMソフトにエンハンサーやマキシマイザーが無いな~という方は、ぜひ使ってみてください!

DTM MATRIXを応援してください!!

twitter/Facebookアカウントでコメントして頂けます