【ミックス】

  • AUX
    ミキサー内の機能の一つで、あるチャンネルの信号を、出力系統とは別な経路で出力する機能。『オグジュアリ』と読む。多くの場合チャンネルのセンド先になる。(要するにセンドエフェクトを使う場合のエフェクトをアサインする場所となる。)
  • Binaural Recording
    日本語では「バイノーラル録音」「バイノーラルレコーディング」 人間の耳付近の音を再現するレコーディング方法。 より臨場感のあるレコーディングができる。 バイノーラルレコーディング用にイヤフォン型マイクも発売されている。
  • BUS
    ミキサー内の機能の一つで、単体のトラックとは別な信号の経路を作るもの。『バス』と読む。例えば、ドラムパートをバスドラム、スネア、ハイハットと別なトラックに打ち込んだ場合、それらのトラックを1つのBUSに流すと、そのBUSのフェーダーでドラムパート全体のボリュームをコントロールする事が出来る。AUXとの違いに注意。
  • DC offset
    「DCオフセット」 通常、波形は揺れの中心は0になっているが、それがズレている状態のこと。 機材によって、または加工した結果としてDCオフセットが起こることがある。 これにより、音量が大きくないのにクリッピングしてしまうことがある。 多くのDAWソフトや波形編集ソフトでは、DCオフセットを自動的に補正する機能が付いている。
  • DCオフセット
    「DC offset」 通常、波形は揺れの中心は0になっているが、それがズレている状態のこと。 機材によって、または加工した結果としてDCオフセットが起こることがある。 これにより、音量が大きくないのにクリッピングしてしまうことがある。 多くのDAWソフトや波形編集ソフトでは、DCオフセットを自動的に補正する機能が付いている。
  • Fader
    ミキサーに並んでいる、ボリュームを上げ下げするためのパーツのこと。(正式にはチャンネル・フェーダー。) フェード・イン(Fade In)、フェード・アウト(Fade Out)という言葉の一部である『フェード (Fade)』が語源(という筆者の予想。)
  • Noise Generator
    日本語で「ノイズジェネレータ」 ノイズ発声器のこと。 オシレータの一つとして搭載されていることが多い。 ホワイトノイズやピンクノイズを発声させる。
  • Pink Noise
    日本語で「ピンクノイズ」 ノイズの一種で、「オクターブあたりのエネルギーが一定なもの」。 聞いた感じは「ザー」という印象で、重たい感じ。
  • White Noise
    日本語で「ホワイトノイズ」 ノイズの一種で、「全ての周波数で同じエネルギーを持つもの」。 聞いた感じは「サー」という印象で、軽い感じ。
  • カットオフ周波数
    「カットオフフリーケンシー」とも言う。英語では「Cutoff Frequency」。フィルターにおいて、効果をかける境目として設定する周波数のこと。つまり、ローパスフィルタの場合、カットオフ周波数よりも高音域はカットされ、出力されない。
  • ノイズジェネレータ
    英語で「Noise Generator」 ノイズ発声器のこと。 オシレータの一つとして搭載されていることが多い。 ホワイトノイズやピンクノイズを発声させる。
  • バイノーラルレコーディング
    「バイノーラル録音」とも言われる。 英語では「Binaural Recording」 人間の耳付近の音を再現するレコーディング方法。 より臨場感のあるレコーディングができる。 バイノーラルレコーディング用にイヤフォン型マイクも発売されている。
  • バイノーラル録音
    「バイノーラルレコーディング」とも言われる。 英語では「Binaural Recording」 人間の耳付近の音を再現するレコーディング方法。 より臨場感のあるレコーディングができる。 バイノーラルレコーディング用にイヤフォン型マイクも発売されている。
  • パン
    ステレオオーディオデータにおいての左右の位置。日本語では定位。バンドの音源では、ボーカル、ベース、スネア、バスドラムは中央、ギター、ハイハットは右、ピアノ、シンセは左が定番。(という筆者の勝手な印象。)
  • ピンクノイズ
    英語で「Pink Noise」 ノイズの一種で、「オクターブあたりのエネルギーが一定なもの」。 聞いた感じは「ザー」という印象で、重たい感じ。
  • ピンポン録音
    マルチトラックレコーダー(MTR)でのレコーディング中、トラック数が足りなくなった場合に、複数トラックにレコーディング済みのデータをまとめて一つのトラックに録音すること。それにより空きトラックが出来るため、更に多くの演奏をレコーディングすることが出来るようになる・・・が、今どきのDAWソフトウェアやMTRでトラック数が足りなくなることが少ないため、あまり使われません。
  • フェーダー
    ミキサーに並んでいる、ボリュームを上げ下げするためのパーツのこと。(正式にはチャンネル・フェーダー。) フェード・イン(Fade In)、フェード・アウト(Fade Out)という言葉の一部である『フェード (Fade)』が語源(という筆者の予想。)
  • ホワイトノイズ
    英語で「White Noise」 ノイズの一種で、「全ての周波数で同じエネルギーを持つもの」。 聞いた感じは「サー」という印象で、軽い感じ。
カテゴリ一覧へ戻る