オリエンタルスケールで異国な雰囲気を出してみる

最近は小難しいスケールの話などはしていなかったので久しぶりに。

国や地域によって様々なスケールがあるわけですが、今回はオリエンタルスケールというのを説明してみたいと思います。

スケール

オリエンタルスケールと呼んでいますが、アラブでは「マカーム・ナワサル」という名称だそうです。(Wikipedia調べ

音階についてですが、以下のようになっています。

ド レ ミ♭ ファ♯ ソ ラ♭ シ ド

オリエンタルスケールの音階

オリエンタルスケールの音階

特徴的なのは、ファ♯→ソ→ラ♭の連続の半音ですね。

この前後を行ったり来たりするだけでもなんとなくそれっぽい感じになります。

あとド→レ→ミ♭の部分を見るとマイナー系であることもわかりますね。

こうすると雰囲気出るかも

オリエンタルスケールの使い方ですが、駆けおりるフレーズや行ったり来たりするフレーズだと雰囲気が出しやすい気がします。

駆けおりるフレーズは、素早く一気に駆けおりるのがコツです。

オリエンタルスケールで駆けおりる

オリエンタルスケールで駆けおりる

行ったり来たりするフレーズも早めの方が効果的ですが、駆けおりるフレーズよりは遅めでも大丈夫です。

オリエンタルスケールの真ん中あたりを行ったり来たり

オリエンタルスケールの真ん中あたりを行ったり来たり

アラブ系の方を除いて、自分の楽曲のメインメロディを、このオリエンタルフレーズを使って作ろうと思ってもなかなかいいフレーズは浮かんでこないと思います、たぶん。

なので、これらのフレーズをストリングスなどでバックにさらっと入れると、少しオリエンタルな雰囲気が出せると思います。

いつもとは違う雰囲気の曲を作りたいときにやってみましょう。

聴くことが大事

前述したWikipediaページを見るとわかりますが、ここで説明したオリエンタルスケールだけではなく、似たようなスケールもたくさんあります。

それらを自分で弾いて聴いてみて、使えそうなのがあったら使ってみると良いでしょう。その際にも上記のようなフレーズだと導入しやすいと思います。

また、このスケールに限らず、まず重要なのは聴いてみることです。何かで見つけたらどんどん弾いてまたは打ち込んで聴いてみましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)