ギターのストロークの記号(縦の波線)を追加する方法

少し前に「Finaleで~って出来ないんですか?」的な質問をいくつか受けました。

Finaleというと、有名な楽譜作成ソフトですね。

私自身は楽譜を作ることはあまり無く、Finaleの使用頻度もあまり高く無いのと高度な機能も必要無いので、使わなければならない時にはFinale Notepadというフリー版を使うくらいでした。

が、せっかくご質問頂いたので、いろいろと調べつつ回答していました。

その中で、これは特に難易度高かったなというものを1点ご紹介します。

ギターをジャラ~ンと弾く縦の波線記号の入力方法

ギターの譜面に出てくる縦の波線、正式名称は無いようなのでここでは仮に『ジャラ~ン奏法』としますが、この記号の入れ方がすぐには判らないようでした。

というのも、本来は(というかバージョンや設定によるのかもしれませんが)アーティキュレーションツールを使ってアーティキュレーション選択画面を開くと、ジャラ~ン奏法記号が一覧の中にあるはずです。

が、なぜかご質問頂いた方のFinaleには無いようでした。

もしジャラ~ン奏法記号が一覧の中にあれば、以下のような手順で入力することができます。

1)アーティキュレーションツールをクリック
2)ジャラ~ン奏法記号を入力したい部分の音符をクリック

アーティキュレーションツールを選択し音符をクリック

アーティキュレーションツールを選択し音符をクリック

3)33番を探して選択(この番号は異なるかもしれません)
4)選択ボタンをクリック

必要な記号を選択して選択をクリック

必要な記号を選択して選択をクリック

5)ジャラ~ン奏法記号の中ほどにある小さな四角をクリック&ドラッグして位置調整

位置調整

位置調整

6)完成

記号の入力完了

記号の入力完了

では、次項ではジャラ~ン奏法記号がアーティキュレーション選択画面に無い場合の対処方法を説明します。

アーティキュレーション選択画面に目的の記号が無い場合の追加方法

では、新たなアーティキュレーション記号の追加方法を説明します。

1)アーティキュレーション選択画面で作成ボタンを押します。

作成ボタンをクリック

作成ボタンをクリック

2)アーティキュレーション設計画面でメインボタンをクリック

メインをクリック

メインをクリック

3)キャラクタの選択画面で103版をクリック
4)選択ボタンをクリック

必要な記号を選択して選択ボタンをクリック

必要な記号を選択して選択ボタンをクリック

5)アーティキュレーション設計画面の右端にある「最低音の値」に-256と入力
6)OKボタンをクリック

最低音の値に-256を入力してOKをクリック

最低音の値に-256を入力してOKをクリック

7)以上でアーティキュレーション選択の最後に新たな記号が追加される

アーティキュレーション選択画面に追加された状態

アーティキュレーション選択画面に追加された状態

ここまでくれば、あとは前項の手順で音符の横にジャラ~ン奏法記号を追加することができると思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)