コンプレッサーのタイプ3つを出来るだけ簡単に説明してみる

楽曲制作においてコンプレッサーは必須です。

いや本当は必須なわけじゃないんですけど。というか使わなくていいなら使わない方がいいんですけど。

どうしても必要に迫られます。楽器のレコーディングもそうですし、特にボーカルをレコーディングした場合には、ほぼ確実に使います。

ミックス作業時にコンプレッサーがないと、全体のアンサンブルを良く聴かせるのがとても難しいです。

で、コンプレッサーで「FET」とか「VCA」とかって見たことありますよね?

今回はそれについて解説します。

FET – 電界効果トランジスタ

LogicのCompressorのFETタイプ

LogicのCompressorのFETタイプ

まずはFETです。Logicのマニュアルから引用させて頂きます。

トランジェントに対するレスポンスが速いことで知られています。明瞭でくっきりした音色(特に中域)になり、トランジェントでは「パンチの効いた」感じの音色になります。FET コンプレッサーは、アタックフェーズが早いドラム、ボーカル、ギターなどの信号に最適です。FET コンプレッサーで可能なのは信号の減衰だけです。

引用元 – Logic Pro X マニュアル

判りづらいと思いますし、正確に言おうと思ってもやっぱり専門用語をたくさん使うことになって判りづらいので、ざっくり言っちゃいます。

コンプレッサーの主要パラメーターである「アタック」と「リリース」が、他のタイプに比べて短くできる、ということです。

・・・やっぱり判りづらいですね。その辺の動作原理的な話とかはこの辺にして、特徴を挙げますね。

音は「シャキッ」とした感じが出せる、と言えます。ボーカルなんかに掛けると他の音に埋もれず、はっきり聴かせることができます。

極端な値にすることができることを利用して、ドラムに強くかけることでいかにもコンプかかってるな~的な音にすることもできます。

設定の幅が広いので、比較的緩やかな感じから過激な設定まで何でもできちゃいます。逆に言うと、上手に設定しないとやりすぎになってしまうかもしれません。

VCA – 電圧制御アンプ

LogicのCompressorのVCAタイプ

LogicのCompressorのVCAタイプ

次にVCAです。

入力トランジェントへのレスポンス速度を調節できます。くっきりした音色が特徴で、ベースギターなどの低周波信号に最適です。VCA コンプレッサーでは信号を減衰または増幅できます。

引用元 – Logic Pro X マニュアル

動作原理的な話はやっぱり難しくて面倒(笑)なので、特徴だけ挙げますね。

VCAタイプのコンプレッサーは、現在では最も一般的なコンプレッサーと言うことができます。

FETタイプと比べると比較的ナチュラルにかかってくれます。でも、ある程度はガッツリ掛けることもできます。

なんかワケわかりませんが(笑)、FETほど極端なことはできず、いろんなことこなせる感じでしょうか。

Opto – オプティカル(光学式)

LogicのCompressorのOptoタイプ

LogicのCompressorのOptoタイプ

トランジェントに対するレスポンスが早く、ノンリニアリリース機能を備えていることで知られています。非常に明瞭で、ボーカルやギターに最適です。また、リミッティングアンプとして複数のバスや出力にわたって使われることも多いです。

引用元 – Logic Pro X マニュアル

これも特徴だけ。

このOptoタイプはアタックとリリースを極端に短くすることができません。とすると何だかメリットが少ないように感じますが、自然な感じにかかってくれるので使いやすいと思います。

逆に、前述のFETのように過激な音作りはできません。FETはボーカルに掛けるとはっきりと聴かせることができると書きましたが、つまりは音質を変化させちゃうと言うことです。ものすごくざっくり言うと、高音域の一部分をちょっと持ち上げることで音を目立たせます。

こちらのOptoはそういうことはせず、自然な感じでコンプレッサーを掛けます。音質的にもよっぽど極端な設定にしない限りは、ある程度適当にかけてもおかしな音になることは少ないと思います。

どんどん使って音を聴くことが重要

というわけでコンプのタイプ3つについて解説してみました。正直なところ、極力専門用語を減らして説明しようとしたので語弊ありまくりだと思います(笑) その辺は初心者向けということでご了承ください。。。

あと、他に真空管タイプというのもありますが、今回は割愛させていただきました。

で、コンプレッサーを使えるようになるために大事なことはというと、やっぱり数多く使ってみることです。最初は違いが判らなくても、使い続けることでちょっとずつ違いに気づいてきます。

というわけで怖がらずどんどん使ってみましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)