ノートパソコンとStudio One 3 Primeだけで手軽に遊んでみる!

Studio One 3 Primeを使って手軽に音を出して遊んでみようかなと思います。

というのも、少し前から「楽曲制作をしようと思うと結構重たい作業だし、DAWでもっと手軽に遊べないかな〜」と考えていました。

で、まあ安易ですが、とりあえず音を出して遊んでみるのは簡単に出来るかなと。

というわけで、それを実際にやってみようかと思います。

なお、この記事のタイトルは「ノートパソコンとStudio One 3 Primeだけ」となっていますが、実はイヤフォンも使っちゃうことにします。

ノートパソコンのスピーカーだと低音が聴こえなかったりするので。

1)PCキーボードを鍵盤化

手軽に音を出すとすれば、やはりMIDIキーボードは必須ですよね。

でも、今回のテーマは「ノートパソコンとStudio One 3 Prime(とイヤフォン)だけ」としました。

じゃあどうするか。

多くのDAWに付属していますが、PCキーボードをMIDIキーボードとして使う機能をここでも使っちゃいましょう。

仮想MIDIキーボードの準備

Cubaseだと「バーチャルキーボード」、GarageBand、Logicだと「ミュージックタイピング」です。(Sonarは「Virtual Controller」という機能があるようですが、未確認です。すみません。)

GarageBand、Logicのミュージックタイピング

Studio One 3 Primeでは「Qwerty Keyboard」となっています。

これの設定が少し判りづらいので、次項でそれを解説します。

Qwerty Keyboardの設定

まずはStudio One 3 Primeを起動してプロジェクトを新規作成します。

そしたら、画面右下の「ミックス」をクリックします。

「ミックス」を表示

画面左下に「入力」「出力」「ゴミ箱」などが表示されていると思います。

これの「外部」をクリックしましょう。

「外部デバイス」を表示

「外部デバイス」が表示されるので、その右にある「+」マークを押します。

すると「デバイスを追加」画面が表示されます。

「デバイスを追加」画面

次に、「PreSonus」の中から「Qwerty Keyboard」を選択して、OKボタンを押しましょう。

Qwerty Keyboardを選択

これでQwerty Keyboardが追加されました。

追加された!

あとはその「Qwerty Keyboard」の文字あたりをダブルクリックすれば、使うことができます。

Qwerty Keyboardの画面

2)実際に音を出して遊んでみる

次は実際に音を出して遊んでみたいと思います。

遊ぶというよりは、シンセの解説的な内容が多くなっちゃいそうな気もしますが、できるだけ判りやすく書くように心がけますね。

Studio One 3 Primeのシンセ「Presence」を追加

前項で設定したQwerty Keyboardを使って音を出すために、プロジェクトにプラグインシンセを追加します。

画面右のブラウズ内で「インストゥルメント」タブからPreSonus→Sampler→Presenceを表示させて、更にArtist Instrumentsの中から好きな音色を選びます。

ここでは基本的なシンセ音色「Saw Synth」を選びました。

Presenceの音色を選択してプロジェクトに追加

するとPresenceのシンセ画面が表示されます。

Presenceのシンセ画面

なんだかちょっとだけ難しそうですね。

下に鍵盤が表示されていて、それを押すと音が出るだろうな〜と予想はできますが、その他のところはある程度知識が無いと難しいかもしれません。

ここでQwerty Keyboardを表示してあれば、PCキーボードで音が出せちゃいます。

これだけでもちょっと楽しい!

というところで、次項から使いやすそうなところを実際に使って遊びつつ、少しずつ解説します。

Studio One 3 Prime付属のプラグインシンセ「Presence」のフィルター

まず、Presence画面の中央上部に「Filter」という部分があり、Saw Synthの初期状態ではこのフィルターはオフになっているので、「Filter」の文字の部分をクリックして有効にします。

Presenceのフィルター

ちなみに「フィルターって何?」という方のために念のため。

フィルターとは、ざっくり言って「音色の雰囲気を変えるもの」です。

明るい音をこもったような暗い音にしたり、その逆にこもった音を明るくしたりできます。

では実際に少し動かしてみましょう。

一番目立つ丸いつまみ、「Cutoff」というやつをグリグリ回してみます。

右に回すと音が明るく、左に回すと音がこもって暗い感じになります。

フィルターを有効にしてツマミを動かす

音色をプリセットそのままの状態から変化させることができました。

ツマミを触って音が変わり、ちょっと楽しくなってきました。

3)Presenseのフィルター以外も使ってみる

フィルターは、前項までで操作したCutoff以外にも、Resonance(Presence上では「Res」)も重要だったりはします。

それも面白い効果を生むので時間がある方は試してみてくださいね。

次はエンベロープやエフェクターを使って遊んでみたいと思います。

「Presence」のエンベロープ

では、フィルターの右にあるエンベロープというのを触ってみます。

「Envelopes」という部分です。

Presenceのエンベロープ

これが何かというと、音に時間的な変化を加えるものです。少し難しい言い方かもしれませんね。

画面を見ると、なんか山というか丘というか滑り台みたいな青っぽいグラフがありますよね。

これが音の時間的変化を表します。

この音色の場合、鍵盤を押してすぐに音が出て、鍵盤を押しっぱなしにすると音が出たまま、鍵盤を離すとゆるやかに音が小さくなっていくのが判ります。

これがなぜ判るかというのは以下の画像をご覧ください。

エンベロープの説明

では、実際に触ってみましょう。

このエンベロープのグラフのすぐ下にA、D、S、Rという4つのツマミがあります。

これのAを少し右に動かしてみましょう。

するとグラフの左端が緩やかに上がるようになりました。

少しゆるやかになった

つまり、初期状態では鍵盤を押した瞬間に音がシャキッと出ていたのが、音がフワッと鳴るようになります。

なんだか使えそうで更に楽しくなってきましたね。

実際にこれは結構使うので覚えておきましょう。

例えばピアノの音を選んでいる時にはAは左に振り切られていることが多いですが、これを少し右に動かすとなんだか不思議なピアノ音色になっちゃいます。

あと、Aの他にもD、S、Rを動かすといろいろと変化します。

これを解説するとかなり長くなるので今回は省略させて頂きます。

実際にいろいろと試してみてくださいね。

Presenceのエフェクト

ある意味ここが一番面白いかもしれません。

Presence内蔵のエフェクター部分です。

パッと見てModulation、Delay、Reverbという3つのエフェクターがあるのが判ります。

Presenceのエフェクター部

Modulationはコーラス、フランジャー、フェイザー、Delayはそのままディレイ、Reverbもそのままリバーブを表しています。

Saw Synthの初期状態では全てオフになっているので、ここではDelayをオンにしてみました。

ディレイをオンにしてみた

当然ではありますが、簡単にディレイがかかりました。

あとですね、このディレイを実際に使ってみて気付いた、簡単に面白い音色になる機能があります。

「Delay」部分の中央上部にある「Off」という部分をクリックします。

で、その中の「Panned」というのを選択します。

ディレイの「Panned」を使うと左右に飛び交う

これ、どうなるか予想つくでしょうか?

どうなるかというと、これだけで音が左右に飛び交うようになります。

左右に広がりが生まれて、派手な印象の音色になりました。

音色選択とここまでのまとめ

このシンセ画面内での音色の選択も触れておきます。

先ほど「Saw Synth」という音色を選択しましたが、Presence画面上部にその文字が表示されています。

そこをクリックするとプリセット音色が選択できます。

Presence上での音色プリセット選択

難しいところは省いて、他のシンセでも使う頻度が高そうなところ、簡単に使えそうな部分だけを使ってみました。

ここまでで、プリセットフィルター、エンベロープ、エフェクトと音色の選択の4つです。

Presenceで簡単に使えそうな部分

4)隠れたエフェクターを使ってみる

前項まででStudio One 3 Primeのプラグインシンセ「Presence」を追加して音色を選択、フィルターやエンベロープを変化させ、エフェクターでディレイを掛ける、ということをやってみました。

次に、ここまでの画面では隠れている別なエフェクターを使って面白い音にしてみようと思います。

エフェクターを切り替え

これまでの状態で見えていたエフェクターはModulation、Delay、Reverbの3つでした。

実はPresenceにはもう少し別なエフェクターも搭載されていることも実際に触っていて判りました。

エフェクター部分の左側に「FX2」という文字が見えています。

それをクリックします。

エフェクトを切り替える

すると別なエフェクターが表示されました。

表示されるエフェクターが切り替わった状態

Gater、EQ、Distortion、Panの4つです。

EQとDistortionはお判りかと思うので説明は省略します。

Panは音を左右に振るエフェクトです。いわゆるトレモロパンというやつです。

面白い「Gater」というエフェクト

で、もう一つのGaterがとても面白かったので、結構長いこと遊んじゃいました。

どんなことが起こるかというと、これは最初に実際の音を聴いて頂きましょう。

まずGaterを掛ける前の音です。

Gaterを適当に掛けてみた時の音です。

どうでしょう。簡単に伴奏が作れちゃいそうなパターンになってますね。

ではどのように掛けたかを説明します。

まずGaterをオンにします。

Gaterをオンにする

そして、「Clear」となっている部分をクリックすると選択項目が表示されるので、その中から今回は「Triggerflanke」というのを選択してみました。

パターンを切り替える

すると先ほどのようなパターンになりました。

適当に音色を選択してこのGaterを掛け、鍵盤(ここでは仮想MIDIキーボード)を弾くと、ただ押しているだけでも伴奏パターンになっちゃいます。

これは楽しい!!

もっとあります

いかがだったでしょうか?

とりあえずStudio One 3 Primeを使って遊ぶ企画はこれで一旦終了とします。

いろいろ遊んでいるうちに、音色を変化させ、簡単に伴奏のパターンを作れちゃいました。

今回のを直接楽曲制作に活かそうと思ったら結構簡単に出来そうな気はしています。

そして今回はPresenceのみを触りましたが、それだけではなくプラグインのエフェクトも使ってみたいなとも思いました。

もっともっと面白い機能がありそうかなと思っています。

それはまたいずれ!

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)





コメント一覧

  1. riffouji  2017/11/15 17:29:44

    ありがとうございます!
    音がでるように鳴りました♪

  2. dtmmatrix
    dtmmatrix  2017/11/15 17:34:33

    riffouji様
    コメントありがとうございます。お役に立てたようで良かったです。