意外と侮れない自動コード判定機能 – Singer Song Writer Startの話(2)

前回はSinger Song Writer Startに音符を入力しました。

その際はPCキーボードで音符を打ち込める「キーボード」機能を使いました。

今回は本題のコード付けです。

アレンジ機能を使ってコード付け&自動アレンジ

ようやく本題です。

打ち込んだメロディーにコードをつけてみましょう。譜面の上部にある「アレンジモード」ボタンを押してアレンジウインドウを表示させます。

アレンジウインドウを表示

アレンジウインドウを表示

アレンジウインドウ内の下部に「コード」部分が表示されているはずですが、私の場合は最初表示されていませんでした。アレンジウインドウが狭くて表示部分からはみ出していました。なので、楽譜部分との境界線付近からドラッグしてアレンジウインドウを上に広げました。

アレンジウインドウを広げてコード部分を表示

アレンジウインドウを広げてコード部分を表示

打ち込んだメロディーを最初から最後まで選択してから「コード」部分の左端にある「判定」ボタンを押すと、「コード判定」ウインドウが表示されます。「判定範囲」はそのまま、「調(key)」を適切に設定し、「コードを変更するタイミング」を「小節単位」または「2分グリッド」にします。

「コード判定」ウインドウ

「コード判定」ウインドウ

実行ボタンを押すと、「コード」部分の上部にある空白にコードネームが表示されます。

コードを判定した結果

コードを判定した結果

コードネームは4種類表示されており、一番上が水色になっています。この水色のコードはクリックで変更できます。「視聴」ボタンを押すと、水色になっているコードが鳴ります。

ついにメロディーにコードが付きました!

判定されたコードをメロディーと一緒に視聴する

判定されたコードをメロディーと一緒に視聴する

音符が選択状態になっているとメロディーと一緒にコードが鳴りますが、楽譜のどこかをクリックして選択を解いた状態にして「視聴」ボタンを押すと、コードだけ鳴らすこともできます。

コードだけで視聴する

コードだけで視聴する

何度か繰り返し、良い感じのコードを決めることができたら、「入力」ボタンを押します。するとスコアエディタ上部にコードネームが追加されます。

スコアエディタにコードネームが追加される

スコアエディタにコードネームが追加される

この状態で再生してもメロディーのみが再生され、コードは鳴りません。ここで自動アレンジ機能を使って簡単にアレンジしてみましょう。

アレンジウインドウ内の「EZアレンジ」ボタンをクリックすると、「EZアレンジ」ウインドウが表示されます。

「EZアレンジ」ウインドウを開く

「EZアレンジ」ウインドウを開く

「ジャンル」をクリックすると多くのジャンルが表示されます。聴いてみたいものを選択して「視聴」ボタンを押すと、自動的にアレンジされて再生されます。

ジャンルを選択して視聴する

ジャンルを選択して視聴する

「EZアレンジ」ボタンを押せば、Track2~5とTrack10に選択したアレンジデータが入力されます。

DTM&楽曲制作初心者の方に結構オススメです

Singer Song Writer Startを使って、メロディーに簡単にコードを付ける方法を解説しました。

自分でやろうとするとなかなか難しい作業ですが、Singer Song Writer Startの助けを借りることでそれなりに良い感じのものが付けられるのでオススメです。

さらに自分のイメージ通りにするには、もちろんコードを勉強してコード付けを何度も繰り返し、経験を積むことが必要なので、レベルアップしたい方は改めて頑張りましょう。

最後に一つ。

自分が作ったメロディーにコードを付けたとしても「これでいいのだろうか?」と疑問に思ってしまう場合も多々あるようです。

自分で聴いて良いと思えばそれでOKです。

間違いというのはないので、どんどんやってみて人に聴いてもらいましょう。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)