打ち込んだ音符をオーディオに変換する方法〜Cubase Elements 8編

前回オーディオのリバースについて書きましたが、打ち込んだ音符はそのままではリバースさせることができません。

その他、多くの機能はエフェクトで代用することはできますが、タイムストレッチ(オーディオのテンポを変える機能)などの機能が使えなかったりします。

それを可能にするには、打ち込んだ音符をオーディオに変換する、という動作が必要になります。

その基本を解説します。

今回はCubase Elements 8編です。

全く難しいものではなく、一度やってみればすぐ出来るので、ぜひやってみてくださいね。

オーディオに変換する方法

この方法を実際に実行するために、まずは音符を打ち込む必要がありますね。

とりあえずVST音源を使って適当に打ち込んでみてください。ドラムでもピアノでもベースでも何でもOKです。

で、ここからが本題です。

まず書き出したい範囲を選択します。

書き出したい範囲を選択

書き出したい範囲を選択

そしてファイルメニューから書き出し→オーディオミックスダウンをクリックします。

オーディオミックスダウンメニュー

オーディオミックスダウンメニュー

「オーディオミックスダウン書き出し」ウインドウが表示されたら、ファイル名とパスを設定し、「プロジェクトに読み込む」部分のオーディオトラックにチェックを付けます。その時、同時にプールにもチェックが付きます。

で、画面右下の書き出しボタンを押します。

必要な項目を設定して書き出し

必要な項目を設定して書き出し

基本的にはこれでOKなはずです。

少し待つと「読み込みオプション」という画面が開くので、「プロジェクトフォルダーにファイルをコピー」をチェックしてOKを押します。

読み込みオプション

読み込みオプション

これでオーディオトラックが新規追加され、変換されたオーディオが追加されているはずです。

変換されて追加されたオーディオ

変換されて追加されたオーディオ

注意点

では少し注意点を挙げておきます。

まず、トラックのソロやミュートは有効です。

なので、複数のトラックがある場合には、自分が変換したいトラックをソロにすれば目的の部分だけをオーディオに変換できます。

トラックのソロとミュートは有効

トラックのソロとミュートは有効

次に「オーディオミックスダウン書き出し」ウインドウにおいて、「オーディオエンジン出力」部分の「実時間で書き出す」をチェックすると、普通のスピードで再生するのと同じ時間かけて変換します。

普通はその必要がないので、外しておきましょう。

また、元のトラックがステレオの場合、同じく「オーディオエンジン出力」部分の「モノラルミックスダウン」をチェックすると、モノラルのオーディオデータになります。

この部分は、モノラルとステレオの概念が判っていると理解が早いと思いますが、判らない場合にはとりあえずチェックは外しておいていいと思います。

更に詳細な説明はまたいずれ。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)