Cubase Elements 8を使って簡単な伴奏デモを作ってみる(2) 〜 リズム隊を打ち込む

前回はCubase Elements 8のピアノロールを使ってコードを打ち込んでみました。

今回はリズム隊です。

Cubase Elements 8に搭載されている機能をできるだけ使って簡単に作ってみます。

ドラムを簡単に打ち込む

ではリズム隊ということで、まずはドラムを打ち込んでみましょう。「Groove Agemt SE4」というのを使います。

Groove Agent SE4の画面

Groove Agent SE4の画面

それをトラックに追加すると、恐らくGroove Agemt SE4画面左上が「Kit1」となっていると思います。それをクリックしてドラムキットの選択画面を表示させましょう。

音色リストが表示されるので、その中から好きなものを選びます。結構たくさんあるので悩みますが、今回はエレクトロ系のデモということで「Techno Kit 01」というのを選びました。

Techno Kit 01を選択する

Techno Kit 01を選択する

すると画面が少し変わります。左側の16個のマス目にドラム音が設定されており、それをクリックするとバスドラムとかスネアとかハイハットとかのいわゆるワンショット音が再生されます。

ここで「PATTERN」というボタンをクリックすると、16個もマス目の色が変わります。この状態でマス目をクリックしたままにすると、ドラムパターンがループ再生されます。クリックしている間だけしか再生されないことにご注意。

Groove Agent SE4のパターン

Groove Agent SE4のパターン

更に便利なのは、このマス目からトラック上にドラッグ&ドロップをすると、そのパターンがリージョンとしてトラック上に追加されることです。これで簡単にドラムパターンが打ち込めそうですね。今回は一番下の段の右から2列目のパターンを使いました。

トラック上にドラッグ&ドロップでそのパターンが追加される

トラック上にドラッグ&ドロップでそのパターンが追加される

このパターンは2小節なので、ちょっと足りませんね。これをループ再生させましょう。と、思ってループ再生機能を探したら、Cubaseにはないっぽい(?)ですね(あるんですかね? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください)。LogicやSonarに慣れているとこの部分はちょっと戸惑うかもしれません。

というわけで、リージョン自体をコピーしちゃいましょう。これはとても簡単にできます。リージョンを選択してPCキーボードでCtrl+Dを押すだけです。ここでは3回押して4つに増やしました。

Ctrl+Dを使って簡単にコピー

Ctrl+Dを使って簡単にコピー

これでとりあえずコードとドラムループができました。

ベースを打ち込む

次にベースを打ち込みます。HALion Sonic SEをトラックに追加します。

HALion Sonic SEの画面が表示されたら音色選択画面を表示させます。ここで、簡単にベースを探すために検索をしてみましょう。

HALion Sonic SE画面上部の「検索結果」となっているところをクリックし「bass」と打ちます。するとbassがずらっと並びます。どれがどんな音なのかは聴いてみないと判らないので、ここでは適当に「Decay Bass」というのを選びました。

「bass」を検索してDecay Bassを選択

「bass」を検索してDecay Bassを選択

では音符を打ち込みます。前に打ち込んだコードをそのままコピーペーストします。いろいろとやり方はありますが、PCキーボードでaltを押しながらドラッグ&ドロップをするのが一番早いと懐います。

altを押しながらドラッグ&ドロップ

altを押しながらドラッグ&ドロップ

リージョンをダブルクリック(「オブジェクトの選択」ツール状態で)するか、MIDIメニューから「キーエディターを開く」をクリックしてピアノロールを開きます。

8小節のコードが表示されると思いますので、全ての小節の上2音を削除して、一番下の音符だけ残しましょう。

上2つの音を消して、ベース音だけ残す

上2つの音を消して、ベース音だけ残す

これを行うことで全ての小節でベース音だけ残った状態になります。これを基にベースフレーズを作りましょう。

で、もしアルペジエーターでもあればより簡単なのですが、Cubase Elements 8には搭載されていないようです。

というわけで、簡単に作るということで裏打ちベースを作っちゃいましょう。

全部の音符を選択(「オブジェクトの選択」ツールで全部囲う)した状態で、どれか一つの音符の長さを短くします(音符の右端から左に向かってドラッグする)。ここでは8分音符の長さにしました。

全ての音符を8分音符の長さにする

全ての音符を8分音符の長さにする

この状態では各小節の1拍目に音符が打ち込まれている状態です。また全部の音符を囲い、PCキーボードのaltを押しながらどれか1つの音符を2拍目にドラッグ&ドロップしましょう。

全部選択してコピーする

全部選択してコピーする

また全部の音符を囲い、今度は3拍目にドラッグ&ドロップします。

もう一回全部を選択してコピー

もう一回全部を選択してコピー

これで表打ちの状態になりました。これを全て裏拍に持っていきます。またまた全部を囲って右に少しずらします。

右にずらして裏打ちベースにする

右にずらして裏打ちベースにする

全ての小節で裏打ちになりました。ただこの状態だとベースとしては少し音が高いようです。よりベースらしく聴こえるように1オクターブ下げましょう。全ての音符を選択したら、ピアノロール画面左の「移調」をクリックし、「半音」を-12にしてその右のボタンを押します。

移調機能を使ってオクターブを下げる

移調機能を使ってオクターブを下げる

これでオクターブが下がり、ベースらしくなりました。

次はシンセ

ここまででピアノでのコードとリズム隊が簡単にできちゃいました。

いつも言っていますが、マウスで音符の打ち込みをする場合、コピーペーストをうまく使うことが早く打ち込むコツです。この点は少し考えながらやってみましょう。

次はよりエレクトリックなサウンドにするために、シンセを簡単に打ち込みます。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)