Cubase Elements 8を使って簡単な伴奏デモを作ってみる(3) 〜 ウワモノ追加

「Cubase Elements 8で簡単にデモ伴奏を作る」の第3回目です。
コードとリズム隊を打ち込み、楽曲の骨格はできているので、それに味付けをしていきます。

と言っても、とても簡単なことしかしません。

ではスタート。

テンポを調整する

ここまでプロジェクトを新規作成して、コードを打ち込んでリズム隊を打ち込んで、と進めてきました。が、改めて聴くとなんとなくモッタリした感じがしました。

というわけで少しテンポを上げてみたいと思います。

Cubase Elements 8の初期状態ではテンポが120になります。それを140にします。

まずプロジェクトメニューから「テンポトラック」をクリックします。

テンポトラックを表示

テンポトラックを表示

画面左の数字を見ると60とか90とかの数字があります。これがテンポを表します。

そして120のところの横線が少し太くなっています。これが楽曲のテンポです。

太線の左端に小さな黒丸があるので、それをクリックし少し上に移動させましょう。先ほどは「140にします」と書きましたが、デモを再生して聴きながら、気に入ったテンポにしましょう。

テンポを変更する(太い横線を上に上げる)

テンポを変更する(太い横線を上に上げる)

これだけでテンポが上がります。

ループ再生をする

音色を選択する前にもう一つ。

再生して聴きながら選びたいので、ループ区間を設定します。

トラックの上部に表示されてる数字の1付近をクリックし、そこから右に向かってドラッグします。

ループ区間を設定

ループ区間を設定

そしてトランスポート部の矢印がクルッと回ってるアイコンを押すとループ再生が始まります。

ループ再生ボタン

ループ再生ボタン

これで音を聴きながら音色を設定できますね。

シンセ音を追加する

では音を追加していきます。

エレクトリックな楽曲ということで、シンセ音を入れてみたいと思います。

自分でフレーズを作るとなると、フレーズを考えて音符を打ち込んで編集して、となりますが、ちょっと面倒なのでCubase Elements 8の機能を使っちゃいましょう。

まずトラックにHALion Sonic SEを追加します。そして、ピアノのトラックからコードを打ち込んだリージョンをコピーしましょう。

シンセトラックを追加してリージョンをコピー

シンセトラックを追加してリージョンをコピー

音色選択画面を表示させましょう。

そして、「検索結果」のところに「trip」と打ち込んでください。

HALion Sonic SEでtripを検索

HALion Sonic SEでtripを検索

なぜ「trip」と打ったかというと、この「trip」で検索できる音色は全てアルペジエーターが設定されている音色だからです。(もしかしたら全てじゃないかも・・・。)

なので、コードのリージョンさえあれば勝手にカッコいいフレーズが再生されちゃいます。

便利ですよね。

では、ループ再生しながら音を聴きつつ音色を選びましょう。ここでは「Late at Night」という音色を選びました。

「Late at Night」を選択

「Late at Night」を選択

これだけでもいいのですが、更に音を重ねて変化をつけちゃいましょうか。

またHALion Sonic SEを追加して音色を選択します。また「trip」で検索しましょう。ここでは「White Lion」という音色を選択しました。

「White Lion」を追加

「White Lion」を追加

これでデモ伴奏としてはOKとしますが、今後のためにトラックの順番を入れ替えましょう。

というのも自分で作業しやすい並び順にしておくことで作業効率も上がりますし、あとあと面倒くさい思いをしなくてすみます。

トラックを並び替える

トラックを並び替える

私の場合には、まず上からメインとなるメロディやリードシンセ系の音、そのすぐ下にコードを置きます。

そして、一番下にドラム系の音、そのすぐ上にベース系とした後、その間は判りやすいように臨機応変に並べます。

とりあえず終了

いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、この音を貼っときます。

とりあえずのデモ伴奏ということで、できるだけ手間を省いているつもりです。

作業的にまず覚えると良いかなと思うのは、alt+クリックドラッグでコピーと、リージョン選択でCtrl+Dでのコピーです。

あとは、他のソフトにも言えることですが、シンセ(トラック)追加→ピアノロール表示の手順でしょうか。

これを素早く出来るように自分なりの行程を見つけておくと、作業がとても捗ると思います。

DTM MATRIXを応援してください!!

コメントを残す

ログイン必須ではなくなりました!
(管理人が不適切と判断したコメントについては勝手ながら削除させて頂きますのでご注意ください。)